スポンサーリンク

定期的な自己触診が早期発見のカギに

 

 

若年性乳がんは、発見されたときに免疫をつかさどりるリンパ節に転移した状況で見つかることが多いとのことで、進行は比較的早いと考えられているそうです。

 

小林麻央さんも、自身のブログの中で、がん告知の経緯や転移について述べています。

 

生検の結果が出るまでの間の心境を『まだ絶望するな!今こそ不安を掻き消せ!』と思い続けたと記した一方で、『95%ガンですね』と医師に告げられた帰り道で、パスタを食べ『涙を流すにはちょうどよい味だった。まずい、まずい。。。』と心のなかで繰り返しながら

涙したことを綴っています。

 

 

%e5%b0%8f%e6%9e%97%e9%ba%bb%e5%a4%ae%ef%bc%92

 

 

 

 

告知日の時点で判明sていた転移は、脇のリンパ節のみでしたが、現在はなどに転移があることも明かしています。

 

 
彼とやり直したい、復活愛ならヴェルニ!全ての悩みを全国各地の有名占い師達が解決!【電話占いヴェルニ】

 

 

乳がんは女性ホルモンの影響を受けやすく、それを遮断するホルモン療法が行われますが、若年性乳がんでは、効果がないことも珍しくないそうです。

 

更に、ガンの分子を狙い撃ちにする分子標的薬で効果がないケースもあり、抗癌剤による治療が行われるのが一般的ということです。

近年、抗がん剤には効果的な吐き気止め薬が登場し、体力の低下は防ぎやすくなっているとのことですが、髪の毛が抜けると行った副作用は依然として有るとのことです。

 

がん研有明病院乳腺センター長の大野真司医師は『当センターでは、早期がんで見つかり手術のみで薬物療法が不要となった若年性乳がんの患者さんは多い。

 

また乳房温存よりも乳房の切除と再建を選択する方は増えています。

 

日本乳がん学会の34歳以下の5年生存率は89.8%で、35歳から50歳の94.5%と比べて低いのですが、決して諦めるような状況ではありません』・・・・と説明しています

大野さんは、若年性乳がん患者が、手術後に再発予防の治療を受けつつ妊娠や出産が出来るようにするために、世界的な共同研究にも参加しているそうです。

 

 

 
動画配信・音源配信・ポッドキャスティング etc…大容量レンタルサーバーで本格的な情報発信を!容量256GB、月額1,000円~!レンタルサーバーは『ヘテムル』

スポンサーリンク

 

 

自己触診での受診が多い

 

がん研有明病院乳腺センターの30代の乳がん患者の6割は、自分でしこりに気づくなど、自己発見で受診しているそうです。

 

大野センター長によれば、国内の乳がん患者の8割は自分でしこりに気づいているとのことで、其のためには、定期的に自分で触って調べる触診が重要になるのです。

 

触診方法とは

 

(1) 生理が始まって1週間後、乳房の張りや痛みがない状態のときに、月1回はチェックする。

 

(2) 入浴時に石けんが付いた手で触ると、乳房の凹凸はわかりやすい。

 

(3) 右乳房は左手で、左乳房は右手で行う。

 

(4)右乳房を調べるときには、右腕を挙げて、左手の4本の指を揃え、『の』の字を書くように触れていく。

 

脇の下から乳首まで、硬いしこりやコブがないかをチェックする。

 

(5)乳房や乳首を絞るようにして、乳首から分泌物が出ないかもチェックする。

 

(6)鏡を見ながら、両腕を挙げて、両乳房の引き連れ、くぼみ、凹み、乳輪の変化がないかを確認する。

 

 

 
オンラインストアの開設は、お試し無料の『カラーミーショップ 』で!カラーミーショップは無料電話サポート付き


 

 

『40歳以下の女性は、乳がん検診を受けることが大切ですが、30代の方は、ご家族やご親族に乳がんや前立腺がんなど、性ホルモン家族性の遺伝子変化に関わるガン患者さんがいなければ、其の必要はありません。

 

30代の乳房は、高密度乳腺と言って、乳腺を調べるX線のマンモグラフィーでは、ガンの判別しにくい場合が多く、被爆の問題も有るからです。

 

定期的な自己触診により、異変が有ったときには乳腺外科医がいる医療機関を受診するように、心掛けて頂きたいと思います。』・・・・・と前述の大野センター長はアドバイスしています。

 

ガンは今のところ、誰にでも起こり得ると考えられるだけに、自己触診と定期健康診断を行うようにしましょう。

 

 

 

 

小林麻央さんも戦っている『若年ガン』、若年ガンとは?(1)に戻る

 

 

 

 

關山整体自然波動療法研究所が実証した、簡単セルフ整体『2分で肩がスッキリ』