スポンサーリンク

カギは早期発見、30代女性の患者の6割は自己発見で受診している。

 

 

世界規模で乳がん啓発キャンペーが行われていますが、やはりカギを握るのは早期発見早期治療だというのです。

 

歌舞伎俳優市川海老蔵さんの妻・小林麻央さんが、35歳以下の発症する若年性乳がんで闘病中生活をブログなどで近況報告として発信いますが、そんな中、会社員の30代のA子さんは『自分は大丈夫だろうか?』と考えるようになったと云うのです。

 

 

%e5%b0%8f%e6%9e%97%e9%ba%bb%e5%a4%ae

 

 

 

母や祖母など親族などに乳がん患者はいないのと事ですが、祖父は胃がんで亡くなったとのことで『親族にがん患者がいると乳がんになりやすいのではないか』と思い、検査を受けるべきか悩んでいるのです。

 

 
全ての悩みを全国各地の有名占い師達が解決!(>_<)幸せになりたい!占いで悩み解決☆

 

若年性乳がんについて専門家は

 

がん研有明病院乳腺センター長の大野真司センター長は、昨今、若年性乳がんが増えているという現状について、次のように説明しています。

 

『国立がん研究センターがん対策情報センターの年齢別乳がん罹患率の推移では、39歳以下は5.9%です。

 

圧倒的に40代以降の乳がんの罹患率は高く、日本では50代=60代での乳がん罹患率が急上昇しています。

 

国際比較のデータでは、先進国は50歳以上の割合が高く、開発途上国は49歳以下の割合は高い。

 

かつて日本も1975年頃は、49歳以下の割合が高かったのですが、現在は逆転しています。

 

それは細胞の遺伝子変異と食生活に関係してると考えられますが、はっきりしたことはまだ分かっていません』・・・・・・と言う事です。

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』


 

スポンサーリンク

家族性乳がんとの関わり

 

閉経前の乳がんのリスク要因は、飲酒喫煙高身長出産時の体重が重い初経年齢が早いなどはほぼ確実だとか、夜間勤務も可能性が有るとされています。

 

逆に発症リスクを減少させる要因は、妊娠出産授乳初産年齢が低いとされていますが、小林麻央さんのように2児の母でも若年性乳がんになるため、これ等の要因に当てはまるからと言って乳がんになる・ならないとは言えないのが現状だそうです。

 

ガンは、細胞の遺伝子変異が関わっています。

 

中でもガンを抑制する『BRCA1』と『BRCA2』の遺伝子変異が有ると、ガンの発症リスクは高くなると言われています。

 

米国の女優アンジェリーナ・ジョリーさんは、『BRCA1』に変異が有ったことから、乳がんと卵巣がんの発症リスクを抑えるために、予防的に乳房と卵巣、卵管を摘出する手術を受けたのです。

 

日本でも、明らかに乳がんや卵巣がんのリスクの高い遺伝子変異を持つ人に対しては、予防的な切除が行われるようになっています。

 

『若年性乳がん=BRCA1やBRCA2の変異が分かるわけだはありません。

 

アンジェリーナ・ジョリーさんのように、親族の中に乳がんや卵巣がん、前立腺がんなどたくさんのガン患者さんがいるケースではリスクは高まり、それを「家族性乳がん」と称します。

 

遺伝子を調べれば変異は分かり、当院でも20例以上の予防的な卵巣・卵管切除を行っています。しかし若年性乳がんの人のすべてがそうではないのです』・・・・・前述の大野センター長は解説しています。

 

ガンは、今のところ誰にでも起こり得ると考えられるだけに、自己触診で早期発見・早期受診・早期治療が大切なのです。

 

 

小林麻央さんも戦っている『若年ガン』、若年ガンとは?(2)に続く

 

 

 
オンラインストアの開設は、お試し無料の『カラーミーショップ 』で!

 

 

關山整体自然波動療法研究所が実証した、簡単セルフ整体『2分で肩がスッキリ』

 

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>