スポンサーリンク

福岡 小児歯科医院長『よくあることだ』と説明

 

去年7月、福岡県内の小児歯科医院で虫歯を治療した2歳の女の子が低酸素脳症に陥り、2日後に死亡していた事が分かりました。

死亡したのは、当時2歳だった山口叶愛ちゃんです。

 

 

叶愛ちゃんは去年7月、福岡県内の小児歯科医院で局所麻酔を使用した虫歯の治療を受けたのち、唇が紫色になるなどの症状を起こし、目の焦点が合わない状態になったと云うのです。

 

関係者の話によりますと、異変を訴える両親に対し、男性院長は『よくあることだ』と説明をして、何の医療措置も取らなかったそうです。

両親は、およそ45分後に自力で叶愛ちゃんを近くの病院に運んだと云う事です。

 

叶愛ちゃんはその後、大学病院に救急搬送されましたが、低酸素脳症に陥り、2日後に亡くなったと云う事です。

 

 

大学病院から通報を受けた警察は、業務上過失致死の疑いがあるとみて、捜査をしています。

小児科医医院の院長は『必要な措置はとったと考えている』とのコメントを出しているという事です。

 

低酸素脳症とは?

循環不全または呼吸不全等により、十分な酸素供給ができなくなり、脳に障害をきたした病態を低酸素脳症と呼ぶのだそうです。

低酸素脳症には、通常、組織への血流量の低下(虚血)と血液の酸素運搬能の低下(低酸素血症)の2つの病態が混在している事が多いため、低酸素性虚血性脳症とも呼ばれていると云う事です。

 

原因として、心筋梗塞、心停止、各種ショック、窒息などがあげられ、心停止によって脳への酸素供給が途絶えると、意識は数秒以内に消失し、3~5分以上の心停止では仮に自己心拍が再開しても脳障害(蘇生後脳症)を生じると云われています。

 

 

PR 初めての方へセントラルなら最大30日間 金利0円【女性専用キャッシング マイレディス】

 

 

 

歯科麻酔後に起こりやすい副作用とは

歯科麻酔の中で一般的に多く使われているもので『キシロカイン』という麻酔薬の場合を挙げてみましょう。

キシロカインには麻酔成分と血管の収縮剤が有効成分として配合されているそうです。

 

◎ 動悸

有効成分である血管収縮剤には、心拍数を上昇させる働きがあるため動悸が起こることがあります。

◎  頭痛

血管収縮剤には血圧を上昇さえる働きがあるため、麻酔をした直後には血圧上昇による頭痛が起こることがあります。

また、治療終了後に頭痛が起こる場合には、麻酔の副作用ではなく、治療を行った部分や、治療のために長時間口を開けていたことによる顎関節の痛みが関連痛となって頭痛を引き起こしていると考えられているそうです。

 

◎ 悪心

緊張状態や、麻酔の針を刺された時の疼痛により、脳貧血を起こすことがあります。

その症状として、悪心や吐き気がおこあることがあるそうです。

また、血管収縮剤による血圧・心拍数の上昇により悪心を起こすこともあると云う事です。

 

◎ 手足の震え

こちらも、脳貧血の症状で、多くの場合、治療用の席を倒し横になることで症状が落ち着くそうです。

 

 

副作用は当日の体調や精神状態にも大きく作用されると云われ、ほとんどのものは治療を中止し休んでいると症状が改善されるそうです。

ですが、副作用の中にはまれに、麻酔の成分に対するアレルギー性ショック症状の場合があると云うのです。

アナフィラキシーショックの場合、麻酔をした直後から激しい動機や悪心、嘔吐、意識混濁などの症状が現れると云う事です。

 

 

PR 年間100万円以上ご利用されている方へ コスパで選ぶならUCSゴールドカード!

PR 数々のマスコミに取り上げられた話題のサプリ口臭・体臭にはshunax

PR 正社員未経験大歓迎!利用はすべて無料!東京都内での就職なら!【ミドルコーナー】

 

スポンサーリンク