スポンサーリンク

多くの芸能人も苦しんだ40代を襲う『うつ状態』、中年の危機(ミッドライフ・クライシス)に貴方も・・・・・!

 

あなたは『中年の危機』(ミッドライフクライス)という言葉を知っていますか?

中年期に入ると精神的に不安定な状況に置かれることがあり、これを『中年の危機』と呼ぶのだそうです。

 

例えば、若い頃からがむしゃらに働いてきた人は、中年期に入ると急に仕事の以来が減ってることに気づいたり、それまで当たり前のようにこなしてきた仕事に何処か違和感を覚え、このまま続けてよいのだろうか?という迷いを感じたりすることは有るものです。

そして、藻掻いてもうまく行かなかったり、今までの役割を失う不安や恐怖に襲われたりします。

これ等がまさしく『中年の危機』そのものなのです。

 

また専業主婦を続けてきた人も、中年期に入ると子供に手がかからなくなり、急に時間が出来るようになり、この時にこれまで棚上げしてきたこと、例えばお金の問題、自分の生き方、夫との関係などが急に身に迫って感じられ、『なぜこのことに気が付かなかったんだろう』、『これから取り戻せるだろうか』と、突然不安に飲まれたりするのです。

これ等もまさしく『中年の危機なのです。

 

 

PR 髪と頭皮のエイジングケアCA101!薄毛・抜け毛対策の育毛剤【CA101スカルプエッセンス】

 

 

芸能人も『中年の危機』に苦しんだ

芸能人にも『中年の危機』に苦しんだ人はたくさんいるそうです。

例えば、俳優・歌手武田鉄矢さんは、40代から『うつ状態』に苦しめられていたそうです。

(参考写真であり、本文との関連性は有りません)

 

20代の頃に『海援隊』で歌手デビューし、20代・30代の頃にはドラマ『3年B組金八先生』で一世を風靡しました。

 

42才の時に主演を演じたドラマ『101回目のプロポーズ』で大ヒットを飛ばし、山を駆け上がるように第一線を突っ走ってきたのです。

<PR DMM見放題chライト>

しかし、このドラマを終えた直後に急にやる気がわかなくなり、オフになると仕事が不安にかられ、考え方がどんどん暗くなっていったそうです。

傍目には分からなくても本人は相当の苦悩を抱え、うつ状態は20年も続いたということです。

 

『世界の北野』の異名を取る北野武(ビートたけし)さんは、20代・30代で漫才師として一世を風靡し、80年代の漫才ブームを牽引してきました。

(参考写真であり、本文との関連性は有りません)

 

そして1994年、47才の時にスクーターで都内を走行中にガードレールの鉄柱に激突、頭蓋骨や顔面に激しい損傷を負い、生死の境をさまよったのです。

 

40代に入り、『その男凶暴につき』で監督デビューし、仕事の質が劇的に変化していった矢先でのバイク事故だったのです。

事故当時、前年に発表した『ソナチネ』の評価が振るわず、自虐的な心境になっていた矢先だったとか、北野さんはこの時期『うつ状態』だったことを告白しています。

 

中年の危機の卒業には、長い年月がかかることは少なく有りません。

しかし、そこを通過する過程で人格は格段に発達していくそうです。

 

 

40代を襲う『ミッドライフ・クライシス』とは(2)・・・・に続く。

 

 

PR 毎日の1杯、エレガントライフコーヒーで美容ケア!ダイエット・美容・お通じをトータルサポート【エレガントライフコーヒー】

PR 乳首・脇・VIO含むデリケートゾーンの黒ずみ対策には【PinkishBeauté(ピンキッシュボーテ)】

PR <殺菌×保湿>足の臭いクリーム!足の臭い特化!新発想の足臭・ムレ対策クリーム 医薬部外品の【ティノン】

 

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>