スポンサーリンク

乳房摘出手術が不要になる患者を、遺伝子マーカで特定

 

乳がん患者のうち、外科手術をしないで治療できる人を選別できる遺伝子のマーカーが判明したと云うことです。

 

 

研究を進めてきたのは国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)の向井博文医師らのチームで、月内にも患者に対する臨床試験が開始されるそうです。

 

初期の乳がんは、手術でガン細胞を摘出することが標準治療として奨励されていますが、タイプによって摘出手術が回避できる治療法が確立すれば、世界初の事例となるのです。

 

乳がんには4つの種類がある

乳がんは癌細胞の特徴などから4つのタイプに分かれています。

このうち、向井医師らが着目したのはガン細胞に見られるタンパク質『HER2』が陽性で、かつホルモンが陰性のタイプのガンで、このタイプの乳がん患者は患者全体の10~15%を占めているのです。

 

向井医師らは、別の臨床試験で同タイプの患者に対し、HER2陽性に効くとされる分子標的薬と抗がん剤などの投与を実施したのです。

手術で細胞を調べたところ、半数の患者でガン細胞が完全に消失していたという事です。

 

ガンが消えた理由を科学的に立証する過程で、人間が持つ全遺伝子約2万3千から関連する遺伝子『HSD17B4』 を特定することが出来ました。

また、この遺伝子が活性化していない人はガンが消失したことも突き止めたそうです。

 

PR 目尻、口元などの気になるシワ・たるみに!『D.U.O.ザ エッセンスセラム』
 

臨床試験の実施

臨床試験では、この遺伝子をマーカーとして用い、手術が不要になる患者を特定することにしたのです。

今月から、同病院など全国の医療機関30~40箇所でステージ1~3の乳がん患者200人を登録し、遺伝子検査を実施することになりました。

 

分子標的薬などを3~6ヶ月投与し、1ヶ月間の放射線治療を行い、その後ガンが消えた人について、この遺伝子が活性化していたかどうかを調べ、マーカーによる選別の有効性を検証するそうです。

詳細は、28日からの横浜市で開かれる日本癌学会学術総会で発表されるということです。

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

 

日本では毎年、約7万人が新たに乳がんと診断されています。

データ通りならば年間3千~5千人は手術不要になると見られており、乳房の摘出手術を躊躇していた女性患者には朗報になります。

 

4年後の実用化を目指しているということで、向井医師は『手法を応用すれば他のタイプの乳がんや別の部位のガンにも拡大していくことが可能になる』と話しています。

乳がんとは

乳がんの多くは乳管から発生し、『乳管ガン』と呼ばれ、小葉肩発生する乳がんは『小葉ガン』と呼ばれています。

 

 

乳管ガン、小葉ガンは乳がん組織を顕微鏡で検査すると区別ができ、この他にも特殊な方の乳がんが有りますが、あまり多くは有りません。

乳がんは、しこりとして見つかる前に、乳房の周りのリンパ節や、遠くの臓器(骨、肺、胸膜、肝臓、脳など)に転移して見つかることがあります。

乳がんの種類や性質によって、広がりやすさ、転移しやすさは大きく異なるのです。

 

乳がんは、乳房近くにあるリンパ節である脇の下のリンパ節(腋窩リンパ節)や、胸の前方中央を縦に構成する胸骨のそばのリンパ節(内胸リンパ節)や鎖骨上のリンパ節に転移しやすく、これ等のリンパ節を乳がんの『領域リンパ節』と呼びます。

腋窩リンパ節が大きくなると脇の下などにしこりが出来たり、リンパ液の流れがせき止められてしまうため、腕がむくんできたり、腕に向かう神経を圧迫して腕がしびれたりすることがあるそうです。

 

定期的な乳がん検診と、胸にしこりを感じたら悩まずにすぐに受診しましょう。

 

PR 有名クチコミランキング1位獲得の濃密炭酸泡洗顔【ザ フォーム】

PR 今から、活きている酵素で美ボディサポート!【話題沸騰中!】夜遅いごはんでも 極【ダイエット】

PR 最高級A5等級の神戸牛専門店!最高級を贈ろう 【神戸牛ドットネット】
 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>