寒い冬、ヒートショックや血管リスクに要注意

スポンサーリンク

寒いときほど気をつける、血管障害、・ヒートショック

 

寒さが一段と厳しくなってきましたが、新潟ではフェーン現象の影響で20年ぶりの大火という災難を受けてしまいました。

 

多くの住民の方は一時避難所に避難していましたが、市が用意した住宅への転居が進んでいるということです。

 

茨城では、高萩・日立を中心とした震度6弱という地震が12月28日21時38分過ぎに発生しましたが、気象庁の発表では東日本大震災の余震であるということで、今後1週間程度にはまた大きな余震が有るというのです。

 

なぜ、避難所や地震の話をするのか、血管リスクやヒートショックとの関連はあるのか?・・・・それは、避難所生活ではストレスや寒さなどで、身体へのリスクが大きいと言われているからなのです。

 

冬の過ごし方には、血管リスクがたくさん潜んでいるというのです。

 

 
潤滑成分と軟骨成分をバランス良く配合ヒアルロン酸&グルコサミン[コンドロイチン配合] キユーピーの【グルコサミン&ヒアルロン酸】

 

 

まずは暴飲・暴食など、みんなで集まって食事をする機会がどうしても多くなり、暴飲暴食をししてしまうことに。

 

暴飲暴食は血管に悪影響を与えるだけではなく、また塩分の取り過ぎは血圧の上昇にも関係しているのです。

 

次に運動不足ですが、気温が下がると、外での活動が億劫になり、つい寝正月で過ごしてしまうなど、運動不足に拍車をかけてしまうことに、運動不足も血管に悪影響を与えていると言われているそうです。

 

毎日を健康的に過ごすには、血管に負担をかけない生活を心がけ、きちんとケアをすることが大切といえるでしょう。

 

 
出会いならPCMAX!創設10年以上の安心実績の優良出会いSNS(18禁)


 

 

怖いヒートショック

 

最近特に注目されるようになったヒートショック、暖かい部屋から冷えた脱衣所や浴室、トイレに移動するときなど、急激な寒暖差によって血管が縮んで血圧が急上昇し、ヒートショックという現象が起こることが有るというのです。

 

 

 

 

 

血管や心臓は急激な温度変化による負担に弱く、ただでさえ気温が低下して血圧が上がりやすいこの時期、冬の過ごし方があなたの血管への負担を更に大きくしてしてしまうと云うことです。

 

日頃の生活の中で、血管に負担をかけている状況が無いか、意識してみることが大切だそうです。

 

 
製薬会社の咲水スキンケアジェル 乾燥や敏感肌、アトピーにお困りの方に最適!ジェル【スイゼンジノリ】

 

 

血管への負担が大きくなったその先には

 

血管は、私達の全身にくまなく、栄養や酸素を運ぶという大変重要な働きをしています。

 

然し、暴飲や暴食や運動不足が重なると、高血圧や脂質異常症、糖尿病といった生活習慣病を引き起こしやすくなるのです。

 

それらの生活習慣病は、私達の血管を傷つけ、傷が重なることで動脈硬化を引き起こすリスクが高まるのです。

 

動脈硬化が進むと、血管は硬く、狭く、詰まりやすい状態に、其の狭くカチカチになった血管は、最後には命にかかわる心筋梗塞や脳卒中など、いわゆる『血管事故』へと繋がっていくと云うのです。

 

血管を『しなやか』な状態に保つことは、健康にとって大切なことなのです。

 

 
日本最大級・40種以上の宝石が揃うジュエリーブランド【Bizoux(ビズー)】

 

 

血管を『しなやか』にする方法とは?

 

それでは、血管を『しなやか』にするにはどうしたら良いのでしょう?

 

其の答えは生活習慣病対策だとか、至ってシンプルに食事と運動に気をつけることだ、と云うのです。

 

年末年始で、暴飲・暴食になりがちですが、適量のカロリーと栄養バランスに配慮することが大切だとか、特に塩分は高める原因にもなるため、取りすぎには注意が必要なのです。

 

運動については、年末年始は積極的に歩いて移動するエスカレーターではなく階段を利用するなど、負担の少ないところから始めてみてはいかがでしょう。

 

更に血管への負担を減らすには、生活習慣を見直すだけではなく、ヒートショックを防ぐことも大切です。

 

寒暖差による血圧上昇を防ぐために脱衣所を含むお風呂場やトイレなどを温めておくことや、外出時にはマフラーや手袋などの防寒着を家の中から着用しておくことなどが大切だそうです。

 

寒い冬を健康的にうまく乗り切るためには、適度な運動と暴飲暴食を止め、塩分を控えた食事などで暖かい生活をするように心がけましょう。

 

 

 

 

▽将来の開業も検討、訪問診療の経験をご希望のお医者さま『Dr.転職なび』 医師の転職情報サイト

スポンサーリンク

コメントを残す