スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 岡山大・ウィルスで『食道がん』細胞を破壊 | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

iPS細胞, 生活習慣病

岡山大・ウィルスで『食道がん』細胞を破壊

スポンサーリンク

 

特殊なウィルスを使いがん治療、患者に治療効果高

 

 

 

がん細胞だけを破壊する特殊なウィルスを使った治療で、食道癌患者7人のうち5人で腫瘍が消えるなどの効果があったとする臨床成果を、岡山大学の研究チームがまとめました。

 

 

ウイルス、がん細胞を破壊…患者に治療効果

 

 

 

 

7月28日から東京都内で開かれる日本遺伝子細胞治療学会で発表するということです。

 

 

ウィルスは、正常な細胞では増殖しないということで、副作用も起こりにくいとし、2020年頃の薬事承認を目指しています。

 

 

このウィルスは、岡山大の藤原俊義(としよし)教授(消化器外科)らのチームが02年に、風邪の原因となるアデノウィルスの遺伝子を操作して開発しました。

 

 

がん細胞に感染して増殖し、細胞を破壊しますが、正常な細胞に感染した場合は自然に消滅していくというものです。

 

 

また、ウィルスには、がん細胞が放射線などで傷ついた自らのDNAを修復する機能を阻害し、細胞を死滅させる働きも有るため、放射線治療の効果を高めることも期待できるというのです。

 

 

 

 

入浴しながら皮膚から鼻から手軽に水素を吸入、吸収することが出来る『バススパ』がオススメ

 

 

 

 

 

チームは13~15年に掛けて抗癌剤治療や手術が行えない50~90歳代の食道ガン患者7人に、ウィルスを使った臨床研究を実施しました、

 

 

内視鏡で腫瘍に直接3回注入し、平行して6週間、放射線治療を行ったのです。

 

 

其の結果、4人の腫瘍が消え、1人は腫瘍が縮小したのです。

 

 

残り2人のうち1人は腫瘍の大きさが変わらず、1人は病状が進んだということです。

 

 

なお、副作用は発熱や食道炎など軽い症状に留まったのです。

 

 

 

 
動画配信・音源配信・ポッドキャスティング etc…大容量レンタルサーバーで本格的な情報発信を!容量256GB、月額1,000円~!レンタルサーバーは『ヘテムル』
まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『HETEML』

 

 

 

研究チームは、年内にも薬事承認のやめに行う臨床試験(治験)の計画を、医薬品医療機器総合機構に提出したい考えを持っています。

 

 

 

ウィルスを使ったがん治療は近年注目が高まっており、米国では昨年、唇にできる水泡(すいほう)が出来る原因となるヘルペスウィルスを使った製剤が、皮膚がん治療薬として承認されたのです。

 

 

国内では承認された例はありませんが、東京大学医科学研究所病院は、14年から悪性脳腫瘍を対象に、ヘルペスウィルスの治験を進めているということです。

 
女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

 

ウィルスの動きとは

 

元来、がん細胞は正常細胞に比べてウィルス感染に弱いという性質があり、種類に関係なく、どんなウィルスでもがん細胞に感染するとよく増えると祝えています。

 

 

ウィルスは、生命の最小単位である細胞という形をしておらず、代謝もしないので自力で子孫を増やすことが出来ません。

 

 

このため『宿主』となる他の生物の細胞の中に入り込み、其の細胞から子孫を増やすのに必要な素材とエネルギーを奪い、自分の遺伝子のコピーを大量に創りだす、これが増殖なのです。

 

 

細胞の中で大量に増殖したウィルスは、やがて其の細胞を破壊して外に出ると、別の細胞に感染、この過程で、ウィルスは宿主の細胞に次ぐつぎとダメージを与えて病気を引き起こすのです。

 
家庭用脱毛器でこの脱毛効果!クリニック仕様の家庭用脱毛器「トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X」

 

 

ウィルスがガンを消滅させる

 

正常な細胞はウィルスが感染すると細胞内でのタンパク合成を停止してウィルスとともに自滅し、感染拡大を防ぐというシステムを持っています。

 

 

一方、がん細胞にはもともとこの自滅機能がありませんので、ウィルスはがん細胞の中では放っておいてもどんどん増殖できる、これががん細胞がウィルス感染によ怖い理由なのです。

 

 

ただし、野生のウィルスのままでは正常細胞もダメージを受け、人間は病気なんってしまいますから、正常細胞では増殖せず、がん細胞の中でのみ増殖するようなウィルスを人工的に作り、がん細胞に注入する、これがウィルス療法の概念なのです。

 

 

 

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください