スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 中年男性に忍び寄る下肢静脈瘤、増加中です。 | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

大人の病気, 生活習慣病

中年男性に忍び寄る下肢静脈瘤、増加中です。

スポンサーリンク

 

 

女性ばかりではない、最近では男性の報告も

 

 

日々の仕事で長時間立ちっぱなし、座りっぱなしという方も多いのではないのでは、其のような人に発症し易い疾患があるのをご存知でしょうか?

 

 

下肢静脈瘤

参考写真であり本文との関連性はありません

 

 

 

 

足の血管がボコボコと浮き上がりむくみや痛みを伴うことも有る『下肢静脈瘤』と云う疾患で、女性に多いと言われてきましたが、実は患者の4割を男性が占めているのです。

 

 

一旦発症すると、自然に治ることはないため、長く付き合わなければいけない、『厄介者』でも有るのです。

 

 

下肢静脈瘤は、血管がボコボコと浮かび上がって、むくんだり、だるくなったり、時には足がつったり痛みを生じたりする、症状を訴える方が多いようです。

 

 

日本人の10人に1人が発症するという研究報告もあり、また梅雨時に患者数が増加するという傾向も見られるので、今の時期は特に注意が必要だというのです。

 

 

大切な脚に苦痛が起こると、仕事がはかどらず、、日常生活の質が損なわれることはもちろん、重症化して湿疹や潰瘍、血栓などが生じると治療しても回復に時間がかかるのです。

 

 

 
動画配信・音源配信・ポッドキャスティング etc…大容量レンタルサーバーで本格的な情報発信を!容量256GB、月額1,000円~!レンタルサーバーは『ヘテムル

 

 

 

下肢静脈瘤とは?

 

 

下肢とというのは、足のことですが、足は骨や筋肉などからなり、血管(動脈と静脈)が走っており、其の足の血管のうち、静脈には、筋肉の間などに有る太い血管(深部静脈)と皮膚の表面付近にある比較的細い血管(表在静脈=太ももやふくらはぎに有る)などがあります。

 

 

下肢静脈瘤は、皮膚の表面を走る静脈に、深部静脈から血液が逆流してくることで発生するのですが、大雨で大河から支流へ逆流してくるようなイメージが近いのでないでしょうか。

 

 

実際に発症すると血管が膨らみ、ボコボコと浮き上がってきて、文字とおり『コブ』のようになってしまいます。

 

 

 
ンラインストアの開設は、お試し無料の『カラーミーショップ』で!カラーミーショップら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

男性も人ごとではない?

 

 

下肢静脈瘤は女性の方が多く発症すると言われていますが、男性も人事ではなく、特に中高年の男性のかたは要注意なのです。

 

 

『最近、血管のコブが極端に大きくなって短パンが履けなくなった』

 

『足首周辺の皮膚に潰瘍ができて痛くて眠れない』

 

 

などの症状を訴えて、病院を受診する中高年男性が目立つとか、中高年の男性は発症しても放置するためか、重症化してから受診する方が多いそうです。

 

 

(1)重力の影響を受けやす職業=教師・調理師など長時間立ち仕事をする人。

 

(2)筋力の低下=ディスクワーク中心で座りっぱなしの人や、運動不足な人、高齢者など。

 

(3)血管が膨らみやすい人=遺伝的に血管が壊れやすく、血栓が出来やすい人。

 

 

下肢静脈瘤の症状として、足の血管がボコボコと浮き上がってくる他に、足がむくむ、だるい、重い、疲れやすい、火照る、痛い、等があるそうです。

 

 

ひどくなると湿疹や痒み、皮膚炎、潰瘍などを発症することも、これらは一旦発症すると自然に治癒することはないというのです。

 

 

そして徐々に悪化していくので、実は怖い病気でも有るとか、したがって適切なタイミングで、適切な治療をする必要があるというわけなのです。

 

 

 
Dr.ケラー式 肌トラブル解決化粧品『b.glen(ビーグレン)』!頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen

 

 

 

 

 

身近にできる予防法は?

 

 

 

予防として普段、私達が出来ることは、下肢に血液が滞留しなようにするため、足のポンプであるふくらはぎの筋肉、それから呼吸筋を鍛え、シッカリ動かす週間を身につけることです。

 

 

(1) 毎日20分ほど『少し早めに歩くこと』。

 

 

(2) 朝と晩に『最低5回、大きく深呼吸すること』。

 

 

これらを毎日継続して足のポンプに磨きをかけましょう。

 

 

弾性ストッキング

参考写真であり本文との関連性はありません

 

 

 

更に、血液が固まりやすい状況を作らないために『脱水を避ける(水分を充分に摂取する)』、『血液の炎症を防ぐ(風を引かない、タバコを吸わない)』ことも大切です。

 

 

弾力性の有るストッキングなどで足を圧迫することも、血栓症や静脈瘤発症の予防になるそうです。

 

 

 

 
「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト
ESETセキュリティソフト

 

 

<PR DMM見放題chライト>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください