スポンサーリンク

 

 

 

何故、沖縄は短命県になってしまったのか?食事の変化を見る

 

 

沖縄県は長らく『長寿県』として知られてきました。が、今でも沖縄といえば『長寿』をイメージする方も多いと思いのではないでしょうか。

 

 

しかし、それは今や昔の話だとか、5年後に発表される都道府県別平均寿命で、1990年に5位に転落、1995年に4位になり、返り咲くかと思いまましたが2000年には26位にと大幅に転落したのです。

 

 

この沖縄県の健康寿命の危機的状況は『26ショック』、または『沖縄クライシス=危機』とも呼ばれ、各方面に大きな衝撃を与えることになりました。

 

 

 

 

 
独自ドメインを複数お持ちの方にお勧めのレンタルサーバー!
月額1,000円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

 

 

 

 

 

女性はその後も、都道府県別平均寿命1位を維持していたものの、201年にはついに女性も3位に転落、男性はその後も落ち続けて30位にとどまるという結果になりました。

 

 

特に問題とされているのは、高齢者を除いた時の寿命の短さが挙げられ、実は沖縄県の65歳未満の死亡率が2010年に全国一となったのです。

 

 

65歳未満だけで見れば、沖縄県は長寿県どころか短命県NO1に、沖縄では若い世代ほど死亡率が高く、若くして亡くなる早逝率N O1県でも有るのです。

 

 

それでも平均寿命がさほど低くないのは、長寿の高齢者の力によるもので、つまり、現在、沖縄県の平均寿命を押し上げている高齢者がなくなれば、沖縄県は平均寿命で最下位に落ちるのでは、と見られています。

 

 

 
ワン・クリックで登録完了!いますぐ憧れのショップオーナーに!【カラーミーショップ 】
カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

食事の変化が寿命を変えた?

 

そもそも沖縄県は何故、長寿犬だったのか、戦前の沖縄県の食事は非常に質素で、主食も白米を常食とする人は稀で、大方の沖縄県民の主食は、繊維質が豊富な芋だったのです。

 

 

中国の影響を受け、『医食同源』の考え方『クスイムン』に基づき、身体に良い物を食べようと意識が高買った、他県のような漬物文化がなく、塩分のとりすぎもなかったのです。

 

 

昔から豚肉はよく食べていましたが、下茹でして脂肪分を落として食べており、そして野菜や海藻、魚、豆腐などの大豆食品をよく食べてきたことがわかっています。

 

 

沖縄では、この数十年の間に急速に増えた死因が循環器系の疾患、つまり心筋梗塞脳梗塞などの血管の問題がもたらす病気です。

 

 

これらの病気を引き起こす原因、それは肥満が根幹にる、メタボリックシンドロームです。

 

 

沖縄県は現在、肥満者の割合が45.2%で日本一肥満者の多い県でも有るのです。

 

 

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』


 

 

 

 

食の変化が寿命を縮めた

 

 

戦後50年余り、米軍の軍用食料から食の欧米化が早い時期から普及し、ファストフードジャンクフードと呼ばれるものが広まったためと見られ、戦前は野菜やイモ類など繊維質の多い食材を食べ続けてきた沖縄県民は、この頃から高カロリー・高脂肪の食事をするようになったと見られているのです。

 

 

沖縄県民の脂肪摂取量は、全国に比べて、およそ5%も多く、他県ではお酒を飲んだ後の締めにとラーメンなど炭水化物を食しますが、沖縄県ではなんと飲んだ後の締めは油たっぷりのステーキに・・・・・・!

 

 

かつては野菜をたくさん食べていた沖縄県民も、今では野菜を食べなくなり、野菜摂取量は男性が全国で45位、つまり下から3位女性が44位、つまり下から4位という状況に、ちなみに男性のワースト1位の徳島県と2位の香川県は、糖尿病の死亡率がワースト1位と2位。

 

 

沖縄県の死亡原因の第一位も糖尿病という結果に、野菜不足が糖尿病をもたらし、血管をダメにしていることが分かったのです。

 

 

豚肉と昆布、野菜の摂取が沖縄県の長寿の秘訣だったのが、ポークチョップにピザ、ハンバーガー、ホットドッグ、ビーフステーキにタコスなどに変わってきた沖縄、食生活は大きく変化したのです。

 

 

 

 
\若々しい毎日に!/セサミン高含有黒ゴマ使用。小林製薬≪セサミンGOLD≫