スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら ストレスで眠れなくなる、不眠が有るとうつ病発症のリスクが | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

精神的疾患, 高齢者問題

ストレスで眠れなくなる、不眠が有るとうつ病発症のリスクが

スポンサーリンク

 

不眠で高まる『うつ病』発症のリスクが2倍に

 

 

 

不眠の状態が続いていると、その時点ではうつの症状がなくても将来うつを発症する危険性が高まるというのです。

 

 

また、うつ病の基本症状の中に睡眠障害が含まれているということで、更にはうつの他症状が収まっても不眠の症状が残り、その事がうつ病を再発させやすくするといったデータも有るのです。

 

 

 
カラーミーショップならFacebook内にも無料で出店可能。
女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」

 

 

 

 

ストレスが気になる方への快眠のアドバイスとは?

 

ストレスがかかると眠気が有っても寝付けなかったり、夜中に起きてしまったりしやすくなりますが、このような場合は、ストレス解消が効果的でだとか、例えば次のような方法があります。

 

ストレス解消のために

 

 

☆ リラックス効果のある音楽や音を聞く。(川のせせらぎや波の音、小鳥の鳴き声なども効果的です)

 

☆ 温めの風呂に入ったり、足湯、マサージなどにはリラックス効果が有ります。

 

☆ 呼吸も大切です。数会ゆっくりと大きく深呼吸するだけで、気分は落ち着きやすくなります。

 

 

 

その他、腹式呼吸には、自律神経を整えて、副交感神経を優位にする効果が知られています。

 

 

 
ブライダルエステ エルセーヌ
一生で一番輝く結婚式・挙式に『ブライダルエステ』エルセーヌ

 

 

 

 

刺激物は避けて

 

 

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインには覚醒作用が有り、、摂取してから数時間は持続しますので、寝付きが悪くなったり、睡眠が浅くなったりします。

 

タバコに含まれているニコチンには興奮作用があるので、寝る前の喫煙はオススメが出来ないとか、またアルコールは眠りを浅くし、夜中に目が冷めやすくなるそうです。

 

寝る前のパソコンやスマートフォンもNG

 

 

せっかく身体が眠りやすい状態になっていても、ネットやゲームなどをすると神経が興奮し眠気が吹き飛んでしまいます。

 

 

床に入る前には、ネットやゲーム、夢中になる本やビデオ類は控えましょう。

 

適度な運動を

 

 

適度な運動を習慣づけることは寝付きを良くし、夜中の目覚めを減らすことにも繋がるそうです。

 

 

適度な運動には、30分程度のウォーキングや散歩、軽いランニングや水泳、体操などが有ります。

 

 

WordPressが簡単・すぐに使えるレンタルサーバーheteml(ヘテムル)
大容量256GB・月額1,000円(税抜)~!レンタルサーバー【ヘテムル】

 

 

 

 

身体を疲れ過ぎない程度の運動、体を温めたり静かな音楽を聞くなど、身体を落ち着かせ、リラックスさせることが大切なのです。

 

 

寝る前のスマフォやパソコン、ゲーム等については、目からの刺激などによって脳が興奮すると言われ、子供たちには文科省など、寝る前の使用をやめるよう指導しています。

 

 

刺激物は上手に使うことで、睡眠を調節できるのです。昼寝をする方は昼寝の前にコーヒーや緑茶を飲むと目覚めが良くなり、夜の睡眠に影響が出なくなります。

 

 

睡眠について悩み焼きになることがあるときには、早めに医師に相談しましょう。

 

 

 

 

ハイパフォーマンスゲームPC[ALIENWARE]
[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!

 

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください