スポンサーリンク

 

前立腺がん術後の夫の生活を告白

 

今年1月20日に前立腺がんの手術を受けた、お笑い芸人の西川きよし(69)さんの妻である西川ヘレン(69)が、12日にフジテレビ系『ノンストップ!』(月~金曜日全9:50)に出演し、きよしさんが現在もオムツ生活を余儀なくされていることを、テレビで初めて明かしました。

 

 

西川きよし、ヘレンさん

 

 

 

 

ここ10年、毎年夫婦で人間ドックを受診していたとのことですが、昨年末の検査できよしさんに初期の前立腺がんが在ることが分かったのです。

 

 

『ガンが3つもあった』とヘレンさん、1月20日に手術を受けて2月1日に退院をし、同19日には大阪で復帰会見を行い元気な様子を披露、芸能活動を再開しています。

 

 

ただ『きよしさんが自分で気づかない間にでてしまうんです』とヘレンさんは気遣い、現在もオムツを使用していることを公表したのです。

 

 

 

 
ネットショップの開業ならカラーミーショップ
女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」

 

 

 

 

きよしさんが手術の影響で現在も尿意を感じたり、我慢したりすることが上手く出来ないというのです。

 

 

あるときに、家族で外出した際に、きよしさんが『オムツが尿で満タンや。どうした良いんだろう、どうしたら良いんだろう』と動揺したため、ヘレンさんは無言でオムツを買いに走ったそうです。

 

 

『主人が一番嫌な気持ちだったと思う』とその時を振り返って、思ったそうです。

 

 

今回、テレビで公表した理由について、『オムツだけどエンジョイできるように過ごしてほしいから』と説明し、夫への思いを吐露したのです。

 

 

『もし粗相した時でも周りの方に温かく見守っていただければ、パーフェクトってないですから』と、オムツをしていても仕事ができるという理解が深まることを願っていました。

 

 

動画配信・音源配信・ポッドキャスティング etc…大容量レンタルサーバーで本格的な情報発信を!容量256GB、月額1,000円~!レンタルサーバーはまずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『ヘテムル』

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

 

 

 

 

前立腺がんとは?

 

 

前立腺は、男性だけに有り、精液の一部を作っている臓器で、恥骨の裏側に位置しており、栗の実のような形をしているそうです。

 

前立腺がん

 

 

 

前立腺がんは、前立腺の細胞が正常な細胞増殖機能を失い、無秩序に自己増殖することにより発症すると言われていますが、最近では遺伝子の異常が原因とも言われており、正常細胞がなぜがん化するのか、まだ充分に解明されていないとのことです。

 

 

がん細胞は、リンパ液や血液の流れで運ばれ別の場所に移動(転移)し、そこで増殖することも、前立腺がんは近くのリンパ節や骨に転移することが多いのですが、肺、肝臓などにも転移することも有るそうです。

 

 

前立腺がんは、早期に発見すれば手術や放射線治療で治癒する事が可能よ言われ、比較的進行がゆっくりであることが多いため、かなり進行した場合でも適切に処理すれば通常の生活を長く続けることが出来るということです。

 

 

 

 

 

スマホの高額買取ならリサイクルネットへ
特殊ソフトによる完全データ消去【スマホ売るなら リサイクルネット】


 

スポンサーリンク