スポンサーリンク
動脈硬化のリスクを高めるコレステロール値、食事では改善できない! | Network 健康

Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

大人の病気, 生活習慣病

動脈硬化のリスクを高めるコレステロール値、食事では改善できない!

スポンサーリンク

 

 

動脈硬化学会・コレステロール値は生活習慣全般の改善を

 

 

心筋梗塞など動脈硬化のリスクを高めるとして、悪者扱いされてきた食事のコレステロールですが、健康のためにこれまで摂取が制限されてきました。

 

 

しかし、厚生労働省が2015年ん4月の改定の『食事摂取基準』で、コレステロールの基準を撤廃していたのです。

 

 

 

日本動脈硬化学会も同年5月に『食事で体内のコレステロール値は変わらない』との声明を発表し、同学会は動脈硬化を防ぐには食事を含め運動など生活習慣全般の改善が必要と指摘しています。

 

 

 

 



 

 

 

 

血中濃度は体内調整

 

コレステロールは脂質の一種で、細胞膜の重要な材料のほか、ホルモンや胆汁の原料としての役割も担っています。

 

 

健康診断で『コレステロールが高い』と言われるのは血液中のコレステロールのことで、濃度が高いと血管の内側に脂質が溜まって動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞などのリスクが高まるとされているのです。

 

 

これまで食事に含まれるコレステロールを制限すべきだとしていたのは、血中コレステロールに影響を与えると考えられていた為なのです。

 

 

コレステロールを多く含むたまごや鶏レバー、バター、エビ、イクラなどは悪者扱いされ、中でも1個に200㎎超のコレステロールを含む卵は、『1日1個まで』という制限が常識になっていました。

 

 

しかし、血中コレステロールの7~8割は体内で作られるため、食事の影響は元々少なく、また食事から多く取れば体内で作られる量が減らされ、逆に少なければ体内で沢山作られると云うように血液中の量をコントロールする調整機能が備わっているのです。

 

 

こうしたことから厚労省は基準を撤廃、その理由として同省栄養指導室は『基準を設定するのに十分な科学的根拠が得られなかった』と説明しています。

 

 

日本動脈硬化学会も、同様に『食事で体内のコレステロール値は変わらない』とする声明を発表、健康な人では制限は必要ないとしましたが、但し、複数ある血中のコレステロールのうち悪玉のLDLコレステロール値が高い人は従来通り摂取制限が推奨されると云うことです。

 

 

また、動脈硬化を防ぐには、食事だけではなく、血圧や血糖値の管理、禁煙や運動などの包括的な生活習慣の改善が大切としています。

 

 

コレステロールを含む食品は、動物性蛋白質や脂溶性ビタミンなどを含むものも多く、厚労省の報告書には、『高齢者で摂取量を制限すると低栄養を生じる可能性が有り、注意が必要』とあり、小嬉しやには適度な摂取を推奨しているのです。

 

 

但し、コレステロールなど脂質は他の栄養素に比べてカロリーが有り、食べ過ぎればカロリーオーバーとなる点は注意が必要です。

 



 

スポンサーリンク

 

 

動脈硬化性疾患は、男女で発症リスクに差がある

 

 

日本脂質栄養学会の小林哲幸理事長は『食事のコレステロールを気にする必要はないが、脂質の量と質には気を付けてほしい。脂質の中でも現代人に不足がちな必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸などをバランスよく取ることが大事。それには魚や野菜を使った伝統的な和食がオススメ』と話しています。

 

 

日本動脈硬化学会は、LDL(悪玉)コレステロール値が高い人は従来通り摂取制限が推奨されるとしていますが、高い人とはどの程度を言うのでしょうか?

 

 

同学会は140位上を『高LDLコレステロール血症』と定義していますは、しかし、日本脂質栄養学会は『LDLが高いほうがむしろ長生き』とするなど、論争が続いているのです。

 

 

こうした状況の中、NPO法人『臨床研究適性評価教育機構』(理事長・桑島厳・東京都健康長寿医療センター顧問)は、これまでに報告されている科学的根拠を中立的な立場から考察し、見解を出しています。

 

 

それらによりますと、動脈硬化性疾患は男女で発症リスクに差が有り、LDLコレステロール値については、男女別の基準値を示して啓発する必要があると、また、発症リスクはコレステロール値のみではなく、高血圧、糖尿病、喫煙など他の危険因子や、これまでの既往歴も考慮した総合的な管理が重要としてます。

 

 



 

 

<PR DMM見放題chライト>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme by Anders Norén