スポンサーリンク

 

鼻にワセリンに効果は、科学的根拠があるのか?

 

花粉シーズンがついに始まりしたが、シーズンを迎えている花粉症、くしゃみや咳・鼻水。目の痒みなどとお悩みの人も多いのではないでしょうか。

 

 

スギ花粉

 

 

 

 

最近ツイッターなどSNSで『鼻の中にワセリンを塗ると症状が買うくなる』とにわかな話題になっていると云うのです。

 

 

ワセリンは原油を生成する時に出来る成分を原料に作られるクリームで、保湿剤などに使われているというのです。

 

 

確かに花粉症は、鼻の粘膜などに花粉が付着して起こるわけですから、クリームを塗って花粉をシャットアウトしてしまえば効果がありそうなのです。

 

 

とはいえ、科学的な根拠はあるのでしょうか?、そして本当に効果があるのでしょうか?

 

 

 



 

 

 

 

 

 

厚労省推奨のセルフケアとは

 

 

国内で一般的に推奨されている、自分で出来る対策法(セルフケア)として、厚生労働者が平成19年度に患者さんに出来る推奨したいセルフケア次のように掲載しています。

 

 

 

花粉症対策

 

 

 

 

★ 外出時

 

 

◎防護具を装着し、目・花をガードする

 

◎ウールの服は避ける

 

 

★ 帰宅時は次のことを励行

 

 

◎手洗い・うがい・洗顔・上着を玄関ではたく

 

 

★家では

 

 

◎花粉の大量飛散時には窓を開けない

 

◎洗濯物は良くはたく

 

◎その他(タバコは避ける。ストレスを溜めない)

 

 

此処には、クリームについての記載は見つかりませんでしたが、一方パンフレットには『水や市販の洗浄液で眼や鼻を洗浄すると症状が緩和されることが有りますが花粉が逆流して戻り、却って症状悪化につながる場合も有るため、医師に相談が必要です』と注意書きがあると云うことです。

 

 

 



 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

 

 

 

 

 

海外での臨床データから

 

 

海外の情報を、様々な病気の患者が『自分で出来る』対策を紹介している有名なサービス、NHS Choicesがあります。

 

 

イギリスの医療サービスを運営するNHS(国民保健サービス)が提供しているもので、科学的根拠に基づいた信頼できる情報が紹介されているのです。

 

 

 

そのNHS Choicesで、花粉症の予防を調べてみますと、『鼻の穴の内側(アナの入口に近い部分)に少量のワセリンを塗りつけることで、花粉が入るのを防ぐことが出来ます』と書いてあるというのです。

 

 

 

では、効果はどの程度確かめられているのでしょうか?、過去に世界中で行われた臨床研究を調べてみますと、幾つかの研究が行われていたことが分かりました。

 

 

2013年に発表された、中国の研究グループによる論文では、非常に信頼性の高いと言われる方法によって効果を調べたいたのです。

 

 

研究グループは、慢性アレルギー性鼻炎と診断された患者さん30人を2つのグループに分け、一つのグループには、治療用のクリーム(ワセリンと同じ、原油を生成してできる成分を含む)を渡します。

 

 

そしてもう一つグループには偽クリーム(見た目は似ているが別の成分が入っている)を渡しました。

 

 

そして、どちらのグループにも1日3回、鼻の内側にクリームを塗ってもらったというものです。

 

 

30日後、研究グループは患者さんたちを検査、鼻炎の症状を示す指標を調べたところ治療用のクリームを使ったグループは、開始前が23.4だったのに比べ、開始後は10.7と大幅な改善を示していました。

 

 

しかし、ニセのクリームを渡されたグループはあまり改善しておらず、(開始前後で3.6の改善)、其の差は統計的に優位であるとされました。(なお、クリームを塗ることにより、悪い影響が出た人はいませんでした)

 

 

 

 

この結果から推測されるのは、ワセリンに含まれる成分は花粉をひきつけやすい性質が有り、鼻の内側の侵入を防ぐことで、症状を軽くしてくれるのではないか?ということなのです。

 

 

 

外出前などに、鼻の内側(穴の入り口に近い部分)に『少量』塗りつけるということは、あくまで数ある対策の一つとしてですが『試しても良さそう』と言えるのことが分かりました。

 

 

もちろん薬では有りませんから、『劇的な効果』が有るかどうかはわかりませんが、試してよいかどうか不安な方は、かかりつけのお医者さんに相談してみましょう。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

<PR DMM見放題chライト>