スポンサーリンク

 

 

女子テニス、クルム伊達公子選手、アスリート生命断念か!

 

 

 

日本女子テニス界の牽引役で、世界ランキング200位のクルム伊達公子選手が21日自身のブログを更新し、16日に左半月板の内視鏡手術を終えたことを報告したのです。

 

 

今季は全豪オープンの予選に出場するも予選1回戦で敗れ、シングルス8年連続の本戦出場を逃したクルム伊達選手だったのです。

 

 

その後、1月28日に更新したブログでは、長い間悩まされていた膝の手術を決断した、と明かしていたのです。

 

 

 

半月板損傷

 

 

 

 

 



 

 

 

 

クルム伊達選手は、全身麻酔で手術を受け、翌日には退院した、と綴っていました。

 

 

『今は自宅で過ごしています。痛みも殆ど無く松葉杖もほとんど必要ないほどまでに、日に日に回復して来ています。退院した日は、前もって準備していた車いすで家の中を移動していました。』と車いすに座る写真もアップされていたのです。

 

 

また、予定では半月板の縫合をするはずだったが、内視鏡で中を見てみると、想像以上に悪く、左膝外側の軟骨がすり減っていることが判明したということです。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

浮遊体が見つかったために、それらを取り除き、ドクターの判断で半月板は縫い合わせはしなかったそうです。

 

 

 

半月板損傷2

 

 

 

 

 

今回の手術は、『膝の中のお掃除をして、終えたことになります』と、綴っています。

 

 

さらにドクターからは、『今のままではアスリートレベルでのカムバックは難しいと伝えられました。カムバックを目指すには再度手術が必要。アスリートとしてだけではなく、それなりのスポーツを生涯することも難しいとのこと。まずはアスリートとして、そして私の人世からスポーツをなしにすることはかなり辛い』と現在の思いを告白しているのです.

 

 

 



 

 

 

また『アスリート・クルム伊達公子として、1人のスポーツが大好きな人間としてのクルム伊達公子の人生として、最良の選択が何なのか、じっくり考え、答えを出したいです』と綴っています。

 

 

クルム伊達選手は、昨年秋ごろから左膝に痛みを覚え、検査の結果半月板に亀裂が入っていることが判明していましたが、しかし手術はせずに、注射やリハビリによる治療で乗り切り、先月の全豪オープンに出場したということです。

 

 

1月28日付けのブログでも『もしかしたら自力で出られるグランドスラム最後になるかもしれないという思いがありました。だからこそ手術をセずにチャレンジしたいという気持ちが大きかったのです』と、理由を記していたのです。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>