スポンサーリンク

 

癌で亡くなる人が多いのは長寿のせい

 

抗癌剤治療、放射線治療等など、ガン患者さんとご家族が『ガン』と『ガン治療』の全体像について基本的知識を得る機会は多く有りません。

長寿大国と言われる日本、しかし、日本人の死因はガンが第一なのです。

 

私達が、がんの告知にショックを受ける最も大きな理由として、『癌でなくなる人が多い』ということなのです。

実際、日本人の死因の第一位はガンで、このことが日本人が『ガン』に恐怖心を抱く大きな理由の一つなのです。



では、何故日本人には癌でなくなる人が多いのでしょうか、日本人の食生活の内容が昔に比べて悪くなったからでしょうか?あるいはストレスが多いから?いろいろと考えられるかも知れませんが、しかし、もっとはっきりした原因が有るというのです。

 

ガンが発生するのは、細胞の分裂の際に遺伝子の写し間違いが起こるからとも云われ、私達が長く生きれば生きるほど、細胞分裂の回数は増えるのです。

其の分だけ遺伝子に間違いを起こす可能性も増え、ガンにな確率が高くなることに、したがって私達が年を取れば取るほど、癌になる確率は上がるということになる訳です。

 

皆さんは御存知のように、日本は世界を代表する長寿国で有るということで、すなわち、日本人が癌でなくなる人が多いのは、裏を返せば日本人が長生きだからこそ、ガンに罹ってもおかしくない年齢の人の比率がどんどん高くなっているからなのです。


 

日本人にがんが多いもう一つの理由として、日本の医療が発達していることが上げられ、矛盾しているようですが、医療技術が発達すればするほど、がん以外の病気で死ぬことが少なくなるというのです。

<PR DMM見放題chライト>

みなさんの周囲にも高血圧やコレステロールを気にしながら、食事をしたり薬を呑んだりしている人が多いのではないでしょうか。

こうして、日本人が日頃からの自分の健康をケアする事によって、これまでの日本人の死因の多くを占めていた脳卒中や心筋梗塞などで亡くなる人が減ったのですが、其のために相対的に癌で亡くなる人の比率が増えたという訳なのです。

 

また、医療が発達したことによって、以前はガンと診断されずに亡くなっていたような人も、ガンと診断される機会が増えたということになったのです。



今や国や自治体の働きでかけで多くの人が健康診断を受け、自主的に人間ドックを受ける人も増えています。

医療保険制度のおかげで、誰もが気軽に病院いいけますから、ちょっとした不調で身体の検査を受け、どこでがんが見つかるケースも増えているのです。

 

以前は、労使が原因と診断されていたケースでも、医療の発達によって、ガンが見つかり、『癌による死亡』と分類されることも多くなっているそうです。

医学の発達、長寿によって今まで隠れていた病気『ガン』が表に出てきたということなのです。

 

しかし、医学の発達によって、今までは『不治の病』と言われていたガンは、『治る病気』と言われるようになって来ました。

早期発見によって、5年生存確率も上がり続けており、体調がおかしいなと思ったら、迷わずに医療機関を受診することが長寿への秘訣だといえるでしょう。

 


おまとめするならユーファイナンスのビッグローン無理のない返済計画で完済へ!おまとめローン【ユーファイナンス】