スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 背中の痛み、動脈硬化や心臓疾患のサインかも | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

大人の病気, 生活習慣病

背中の痛み、動脈硬化や心臓疾患のサインかも

スポンサーリンク

 

俳優・阿藤快さんが訴えていた背中の痛みとは

 

 

 

阿藤さんは生前、背中の痛みを訴えて、マッサージなどを受けていたということですが、果たして死因との因果関係は有ったのでしょうか?

 

横浜市の福田医院の福田伴男院長は、【大動脈破裂胸腔内出血】について『動脈硬化、つまり動脈の老化が起こっていたことで、ひきおこされる。60歳以上の人で背中に痛みを感じたら、動脈硬化や心臓疾患を疑うべきだ』と指摘しています。

 

阿藤さんのケースは、老化していた動脈が破裂し、胸腔内にいきよいよく血液が流れ込んだということで、『そうなると即死のような状態になる』と福田院長は説明しています。

 

 

背中の痛みについては、『心筋に酸素や栄養を送る冠状動脈に老化が起こると、血の流れが悪くなり、背中が痛くなる』とも、話しています。

 

 
【スマホに安心。タブレットに満足。信頼のバッテリーをお探しなら】

⇒ 【ロジテックの真面目なモバイルバッテリー】

 

 

阿藤さんはそのサインを感じていた可能性が高いということですが、2010年に心筋梗塞で亡くなった、元プロ野球選手の小林繁さん(享年57)も、『背中が痛い』と訴えていたという事です。

 

 

また、狭心症や心筋梗塞の痛みは胸に出ることが多いということですが、時は背中・腕・腰・歯などに『放散痛』として現れるというのです。

『背中が痛い場合、筋肉痛などと片付けないでないかも受信してほしい』と呼びかけているそうです。

 

 

阿藤さんは、10年以上前に煙草をやめていたということですが、福田院長は『以前吸っていた人は、動脈硬化が怒っている可能性がある。リスクがあるものと持ってほしいとも語っています。

 

 
抜群の価格競争力と製品の信頼性【デル・オンラインストア】

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

 

⇒ [Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

 

 

個性派俳優で、旅番組のリポーターとしても親しまれていた阿藤快(あとう・かい、本名・公一)さんが死去していたことが、16日分かったのです。

 

 

弁護士を目指していことも有ったという阿藤さんは、東京都立大学卒業後、俳優座で美術を担当し、1970年に舞台デビューしたそうです。

 

 

親しいドラマのプロデューサーが情報番組に移動したkとで、90年台から旅番組にリポーターとして出演し、日本テレビ『ぶらり途中下車の旅』などで活躍をしていました。

 

 
動画配信・音源配信・ポッドキャスティング etc…大容量レンタルサーバーで本格的な情報発信を!容量256GB、月額1,000円~!レンタルサーバー

 

⇒ WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー【ヘテムル】

 

 

 

トレードマークとも、口癖とも言える『なんでかな~』は茶の間を明るくしてくれていました。

 

 

 

自身のツイッターでは、職業を『旅人、合間に役者』と紹介しており、旅先で声を掛けた人も、つい取材に応じてしまう気さくな人柄だったということです。

 

 

ご冥福を、お祈り申し上げます。

 

 

 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください