スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 前立腺ガン・凍結療法を先進医療に申請、慈恵医大が臨床研究 | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

大人の病気, 生活習慣病

前立腺ガン・凍結療法を先進医療に申請、慈恵医大が臨床研究

スポンサーリンク

前立腺ガンに新たな治療法が、慈恵医大が臨床研究

 

慈恵医大病院(東京都港区)は、前立腺ガンを凍らせて壊死(えし)させる臨床研究を始めたことを明らかにしました。

 

 

同病院の発表にによりますと、国内初の臨床研究で、今後1年以内に5人程度の患者に行い安全性や有効性を確かめ、国の先進医療に申請したい考えだということです。

 

前立腺は、精液の一分を作る臓器で骨盤内に有ります。

凍結療法では、患者の肛門付近から細長い特殊な針をがん細胞の近くに数本差し、凍結用のガスを注入して行うもので、がん細胞をマイナス40度に冷却して壊死させるという方法なのです。

 

今月1日に1例目を実施した臨床研究は、最初に放射線治療を行った後に、前立腺内にがんを再発した患者が対象になるとのことで、こうした患者には現在、前立腺ガンの発症に関わる男性ホルモンの分泌や働きを薬で抑えるホルモン療法が行われているのです。

ですが、薬を使用し続けると骨粗しょう症や糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞と言った副作用が出る恐れが有り、治療上の課題となっているのです。

 

凍結療法を行う慈恵医大泌尿器科の三木健太講師は、「安全性と有効性が確認できれば、ホルモン療法を行わなくても済む患者が増える可能性がり、治療の選択肢が広がる」と説明をしています。

 

 

PR 手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用】 投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー【WEALTHNAVI(ウェルスナビ)】
 

前立腺とは

前立腺は男性だけに有り、精液の一部を作っている臓器で、恥骨の裏側に位置しており、栗の実のような形をしています。

 

 

前立腺ガンは、前立腺の細胞が正常な細胞増殖機能を失い、無秩序に事故増殖することにより発生するのです。

 

最近は、遺伝子の異常が原因と云われていますが、正常な細胞がなぜガン化するのか、まだ十分に解明されていません。

がん細胞は、リンパ液や血液の流れで運ばれ別の場所に移動し、そこで増殖することも有り此れを転移と呼ぶのです。

 

前立腺ガンは、近くのリンパ節や骨に転移することが多いのですが、肺・肝臓などに転移することも有ると云うことです。

前立腺ガンは早期に発見すれば、手術や放射線治療で治癒することが可能と云われ、また比較的進行がゆっくりであることが多いため、かなり進行した場合でも適切に処理すれば、通常の生活を長く続けることが出来ると云われています。

 

症状は前立腺肥大症に似る

早期の前立腺ガンには特徴的な症状は見られませんが、同時に存在することの多い前立腺肥大症に因る症状、例えば尿が出にくい、尿の切れが悪い、排尿具スッキリしない、夜間トイレに立つ回数が多い、我慢できずに尿を漏らしてしまうなどが見られます。

前立腺ガンが進行すると、上記の症状の他に血尿や、骨への転移による腰痛などが見られるとのことです。

 

PR 【朗報!】飲むグルコサミンでは満足できなかった方に、塗るだけで節々、ツラくない!腰・肩・ひざに直に届く エミューオイル入りクリーム「エミュープラスHi」

PR 妊娠前(妊活中)・妊娠中・授乳中でも安心安全の葉酸サプリ【ママニック】

PR ニオイの悩みから解放されるたった一つのクリーム!デリケートゾーンのニオイに【デオプラスラボプラチナム】

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください