スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 目は40代から要注意、眼科ドックへ! | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

iPS細胞, 大人の病気, 高齢者問題

目は40代から要注意、眼科ドックへ!

スポンサーリンク

近年、目の病気が増えている。

最近増加傾向に有ると云われている、加齢と深い関係に有る目の病気があるそうです。

其れは、緑内障加齢黄斑変性で、日本人の失明の主な原因となっているというのですが、実は、初期段階では自覚症状が出にくく、進行するまで気づきにくい眼の深刻な病気と言われているとの事です。

 

 

何故、気づかないのか?

緑内障は、何らかの原因によって視神経に障害が起こることで、見える範囲が狭くなっていく病気で、障害者手帳の新規交付数から推察される、日本人の失明原因の第一位だそうです。

 

日本緑内障学会の大規模な調査によりますと、何と40歳以上の20人に1人が緑内障にかかっており、推定される国内の患者数は、約350万人に上ることが判りました

 

ところが、患者の9割が自分が緑内障であることを知らない、未診断の状態だという事実もこの調査で明らかに成ったというのです。

 

緑内障の自覚は

自分では気づきにくいのは、ほとんどの緑内症がゆっくりと進行し、視界の周縁部から欠けていくためだそうです。

 

人間は見たい物を目の中心で捉えるので、周辺部の視野についてはあまり気に成らないとの事です。

また人間は片方の目の視野が欠けても、両目で視野を補い、脳で補正していることも自覚が遅れる原因なのだとか、次のような症状、『最近良く転ぶ』、『すれ違いざまによく人とぶつかるようになった』、『本や新聞が読みにくく成った』などの症状があれば要注意だそうです。

 

お得な情報
資産運用をお考えなら◆都内中古マンション投資の無料出張相談◆【中古マンション投資・不動産投資セミナー】

 

加齢黄斑変性症

緑内障と同様に、高齢化により患者数が増加しているとみられるのが、『加齢黄斑変性症』です。

 

 

加齢により網膜の中心部に有る黄斑に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなる病気だそうです。

スポンサーリンク

 

早い人では40代でも発症するということで、欧米では中途失明の主な原因と云われており、決して珍しい病気ではなく、日本でも最近、著しく増えていいるそうで失明原因の4位になっているということです。

主な症状として『物が歪んで見える』、『中心が暗く見える』、『ぼやけて見える』などの症状が現れたら要注意です。

 

 

早期発見、早期治療

視覚を失わないために何よりも大切なことは早期発見、早期治療と言われているそうです。

緑内障は、治療により進行を遅らせることが出来るそうですが、現時点では一度失った視野を取り戻すことは出来ないそうです。

 

自覚症状が出にくいですから、40歳になったら眼科で定期検査を受けることが必要です。

加齢黄斑変性症は、最近まで治療法がなかったそうですが、病気の型によっては新たにいくつかの治療法が開発され。視力の維持や改善が得られるように成ったということで、末期まで進行する前に定期検査で発見することが重要だということです。

 

 眼科ドッグがおすすめ

 

40代になった定期的に眼科ドッグの受診がおすすめだとか、一度受けて何も問題がなければ、その後は数年おきで構わないと云われ、問題があれば毎年受けて経過観察を、と進めているそうです。

眼科ドッグでわかることは、目の病気ばかりではなく、網膜は、体の中で実際に血管を肉眼視出来る唯一の場所で、その血管から脳や心臓の状態が推測でき、脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病などのリスクもわかるそうです。

 

40代になりましたら一般健康診断の他に、眼科ドッグも受けてみてはいかがでしょうか!

 

お得な情報
資産運用をお考えなら◆都内中古マンション投資の無料出張相談◆【中古マンション投資・不動産投資セミナー】

副業・アパート経営を考えている方に、想像以上の安心感 10年家賃定額保障アパート経営arumaison(アルメゾン)

簡単体操・整体で、スマホ首痛や肩こりを『20秒』で改善する!

簡単1分間体操『エルボークロス』で四十肩・五十肩の痛みから開放!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください