スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 夏に発作が増えると云われる痛風に、乳酸菌が効果あり!? | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

大人の病気, 生活習慣病

夏に発作が増えると云われる痛風に、乳酸菌が効果あり!?

スポンサーリンク

痛風の痛み

 

空気が動くだけでも痛みが感じると云われる痛風ですが、特に夏に発作が増えると云われているのですが・・・・・!

 

痛風は、食物に含まれたプリン体が体内で尿酸に変化し、関節などに蓄積して激しい痛みを引き起こすと云われています。

 

此れを防ぐには、服薬や食事制限が必要なのですが、最近の臨床試験結果、特定の乳酸菌がプリン体に作用し、血清尿酸値(血中の尿酸濃度)の上昇を抑制することが明らかに成ったということです。

 

痛風や其の前段階である高尿酸血症の患者は年々増えており、新たな対応策として注目されていいるそうです。

 

 

プリン体は必要なのか?

 

プリン体は人間の活動に必須の物質である上、食品の『旨味成分』にもなっているのです。

 

食品を通じてプリン体を多くとっている人は、血清尿酸値が高く、痛風や高尿酸血症になりやすいのです。

 

 

夏は発作が!

 

特に夏は、発汗による脱水や尿酸の排出を阻害するアルコールの摂取量も増え、痛風の発作が起こりやすくなると考えられているのです。

 

発作が起きなくても、尿酸値が高めだとメタボリックシンドロームや、他の合併症になる恐れが有るそうです。

 

 

乳酸菌の臨床試験とは!

 

 

臨床試験は、東京女子医大膠原病リウマチ痛風センター所長の山中寿教授が実施したもので、痛風と高尿酸血症の治療を受けている患者を2グループに分けて、一方のグループに乳酸菌『PA-3株』を含むヨーグルトを1日2回、100グラムずつ8週間(約2ヶ月)摂取したと云うことです。

 

試験期間中は服薬を停止しために、尿酸値自体はいずれも上昇傾向にあったものの、乳酸菌『PA-31株』を摂取したグループの上昇は、もう一つのグループに比べて低く、抑制効果が明らかに成ったというのです。

 

乳酸菌『PA-31株』は体内で、プリン体を分解するとともに、自らの栄養として消費することから、プリン体が減少し、尿酸値が減少されたと見られているとのことです。

 

また、治療を受けていない人たちで行った別の試験では、乳酸菌『PA-31株』を採ったグループがそうでないグループに比べて、血清尿酸値が低下したことも確認されたと云うことです。

 

山中教授は『厳しい食事制限を長期間続けることは難しい。乳酸菌『PA-31株』が食事制限のストレスを改善することも期待できる』と話しています。

 

痛風患者の食事制限は、長い方では1年以上掛かる人もいるとのことで、手軽に摂取することが出来るヨーグルトなどで、食事改善が出来るのは顔族にとっても患者にとっても強い味方になることでしょう。

 

速い実用化を期待したいところです。

 

 

 

簡単1分間体操『エルボークロス』で四十肩・五十肩の痛みから開放!

簡単体操・整体で、スマホ首痛や肩こりを『20秒』で改善する!

 

 

<PR DMM見放題chライト>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください