スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 赤ちゃんに現れる『乳児湿疹』原因と正しいケア方法とは(2) | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

子供の病気

赤ちゃんに現れる『乳児湿疹』原因と正しいケア方法とは(2)

スポンサーリンク

 

お母さんあわてないで、乳児湿疹には様々な原因とそれぞれのケア方法が

 

 

大人に比べると薄くバリア機能も低い赤ちゃんの肌は、様々な肌トラブルが起こりやすい状態なのです。

 

 

中でも乳児湿疹あるいは乳児アトピーと呼ばれる湿疹にも様々な種類や原因がり、多くの赤ちゃんが一度は経験するものです。

 

 

爽やかで人気のある咲水スキンケアジェルです!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
4つのセラミドでお肌のバリア機能を強化!咲水スキンケアジェル
4つのセラミドでお肌のバリア機能を強化。
ビタミンC誘導体でメラニン抑制が期待できます。
注目成分のスイゼンジノリ多糖体がお肌に潤いを与え、
乾燥からあなたの肌を守り、肌理(キメ)を整えます。

 

 

 

汗も

暑い季節やねんね期の赤ちゃんに多く見られ、首の周りや背中、おしりなど汗をかきやすく蒸れやすい部分によくできます。

 

 

新生児では白いボツボツが、それ以降は赤い某ボツとなって現れ、かゆみを伴なうのです、其のため、爪で引っ掻いてしまうと黄色ブドウ球菌に感染して、膿が出てくる『とびひ』の状態なってしまうことも有るのです。

 

 

原因として、赤ちゃんは汗っかきで、体温も大人より高めで、その上汗腺が未発達なために、汗が溜まりやすく、肌が重なっている所は特に蒸れやすい状態なのだそうです。

 

 

蒸れた環境では、肌表面の表皮ブドウ球菌が増殖しやすく、それに伴いあせもが現れるという事なのです。

 

 

ケアとして、毎日の入浴でキレイにすることと、汗を書いたらこまめに着替えさせること、服は大人より一枚少ないくらいが目安です。

 

 

着せ過ぎには注意が必要で、寝ている時に布団をかけすぎていないか、寝起きに汗をグッショリかいていないか、こまめにチェックしましょう。

 

 

肌に直接触れるものは天然素材など、肌に優しい通気性の良い素材のものが良いでしょう。

 

 

洗面器にお湯を張り、ベビーオイルや馬の油を数滴落とし、上がり湯として全身にかけて上げるだけでも、オイルがバリアーとなり、雑菌の繁殖を抑えてくれる効果があります。

 

WordPressが簡単・すぐに使える⇒レンタルサーバーheteml(ヘテムル)
まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー⇒HETEML

スポンサーリンク

 

 

 

アトピー性皮膚炎

 

 

症状としては、顔面や頭部、耳たぶなどに赤い湿疹が出来、強いかゆみを伴ない、乳児脂漏性湿疹と症状が似ていますが、何度も繰り返すことが多いのです。

 

 

原因として、アトピー因子と呼ばれる遺伝子的に痒みをおこしやす体質に加え、アレルゲンに触れることで引き起こされると考えられているそうです。

 

 

原因・メカニズムは十分に解明されていませんが、アレルゲンとして、ダニ・ハウスダスト・動物の毛・ストレス・食物アレルギーなど、人によって様々だということです。

 

 

ケアとしては、アレルゲンがはっきりしないかぎりは、なるべく症状を悪化させないように、刺激を少なく清潔を保つケアをしていきましょう。

 

 

洗濯洗剤や柔軟剤をよくすすぐ衣類のタグを外すなど、小さなことの積み重ねが大切で、慢性的に症状が出るので、焦らずのんびりと構え、どんな時に・どんな条件で症状が現れるのか、根気よく見守っていく必要が有るそうです。

 

こどもの免疫力が高まる【こどもバナナ青汁】
野菜不足のこどもに【こどもバナナ青汁】

 

 

 

 

食物アレルギーによる湿疹

 

 

アレルゲンとなる食物を口にすることで現れる湿疹で、症状としては口の周りや口の中、あるいは全身に赤い発疹ができる場合もあれば、呼吸困難になったり、下痢や嘔吐などの症状が現れことも有るそうです。

 

 

原因としては、特定の食物に対するアレルギー体質は胎児の頃から形成され、多くは生後間もない時期から5歳くらいまでに発症するというのです。

 

 

代表的なアレルゲンとして、卵・牛乳・小麦・大豆などが挙げられ、他にもアレルゲンとなる食品は無数に有りすが、少なくともこの4食品に関しては妊娠期のお母さんの過剰摂取は控えたほうが良いそうです。

 

 

乳児食のスタート時も、強いアレルギー反応が起こる危険性が有るということで、避けたほうが無難だということです。

 

 

ケアとして、生後半年から1年頃になるとアレルギー検査を受けることが出来るとのことで、アレルギーの品目やその程度を明らかにした上で、専門家の指導を仰ぐという手も有るそうです

 

 

アレルゲンとなる食物が判明したら、軽度のアレルギーであれば1歳をすぎるまでは避けたほうが無難だとか、消化器官が発達する1歳を過ぎる頃には多くの場合アレルギー症状は治まってくるとのことで、その頃から少しずつ食べさせてみるとよいそうです。

 

 

但し、思わぬアレルギー反応を引き起こす可能性があるとのことで、必ず医師に相談してからにして下さい、とのことです。

 

 

ヘルスケア大学より抜粋

 

 

 

『新生児ニキビ』・『乳児脂漏性湿疹』については、赤ちゃんに現れる『乳児湿疹』原因と正しいケア方法とは(1)に掲載されています。

 

 

 

ダニ・ハウスダストにふとんクリーナーレイコップ
ふとんクリーナーはレイコップ

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください