スポンサーリンク

ジカ熱、タイなどを加えた34の国と地域で感染拡大に

 

世界保健機関(WHO)は、中南米を中心に感染が拡大しているジカ熱について、新たにタイを加えるなどした34の国と地域で感染が広がっていることを明らかにしました。

WHOが12日現在にまとめたデータによりますと、これまでにブラジルやコロンビアなど中南米やカリブ海周辺の26の国と地域、それにサモアやトンガなど太平洋の5つの国と地域、アジアではタイとモルディブの2ヶ国、アフリカのカボベルデの合わせて34の国と地域で、地元に生息する蚊を媒介媒介するなどして、ジカ熱への感染が広まっているということです。

 

このうち、ブラジルでは、患者の数が最大で150万人に上ると見られている他、疑いの事例も含めると、コロンビアでは2万5000人以上、カボベルデでは7000人以上と推定されているということです。

 

ジカ熱を巡っては、妊娠中の感染と先天的に頭部が小さい『小頭症』の新生児との関連が指摘されている他、感染した人が手足に力が入らなくなる難病の『ギラン・バレー症候群』を発症するケースも報告されているのです。

WHOは、感染とこれらの症状との関連性を早期に解明し、適切な治療法の開発を急ぐ方針だということです。

 

オトクな情報
頭皮スッキリ!デオルの美容水!40代からのニオイケア 女性の加齢臭対策ミスト

中国でも確認

ネッタイシマ蚊が倍加する感染症『ジカ熱』ですが、中国でもベネズエラから帰国した男性がジカ熱に感染していることが確認されました。

新華社通信は保険当局の発表として、内陸部江西省の34歳の中国人男性がジカ熱に感染していることが確認されたと伝えたのです。

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

 

ジカ熱の感染が中国で確認されたのは、これが初めてだということです。

男性は、南米ベネズエラを旅行していた先月28日に、熱や頭痛、それにめまいなどの症状が出て、現地の病院で治療を受けたそうです。

 

そして今月2日、ベネズエラを出国、香港や広東省などを経由して、厚生省に戻り、診察を受けた中国の病院で感染が確認されたということです。

男性は快方に向かっており、新華社通信は、保険当局が中国国内でジカ熱の感染がさらに拡大する可能性は低いとの見方を示しています。

ワクチン開発は、2017年夏以降に

WHOはジカ熱の予防ワクチンについて、開発されるのは早くても来年の夏以降になるとの見通しを明らかにしました。

中南米を中心に拡大しているジカ熱について、WHOは『ワクチンの大規模な臨床試験を行うまでに少なくとも18ヶ月かかる』という声明を出しました。

 

現在、世界中で15の企業や機関がワクチン開発に乗り出していて、アメリカ国立衛生研究所とインドの企業がリードしているということです。

ジカ熱の感染を早期に診断する検査キットについては1年以内に実用化されるという見通しを示しましたが、8月のリオデジャネイ・オリンピックまでに間に合うかどうかは不透明だそうです。

 

また、ジカ熱と小頭症との関連については、当初の予想よりも研究が進み、早ければ今後4週間で明らかになる見込み、としています。

 

オトクな情報
頭皮スッキリ!デオルの美容水!40代からのニオイケア 女性の加齢臭対策ミスト

気になる太陽の光・・・!女性のための守る習慣アイテム 飲む美白習慣サプリ【まっしろ美白習慣】

いつまでも若々しくありたい40代のあなたに働き盛りの40代男性をサポートするサプリ『俺のサプリ』

<PR DMM見放題chライト>