スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 『インフルエンザ』全国的流行シーズンに突入、47都道府県で前週上回る | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

伝染病, 子供の病気, 高齢者問題

『インフルエンザ』全国的流行シーズンに突入、47都道府県で前週上回る

スポンサーリンク

 

厚生労働省が、全国流行に入ったと発表

 

 

 

厚生労働省は15日、インフルエンザが全国的な流行シーズンに入ったと発表しました。

 

4日から10日までの主の報告数は、全47都道府県で前週を上まったということです。

 

 

厚労省は、手洗いやマスクの着用、インフルエンザワクチンの接種などの感染予防の徹底を求めています。

 

 

4日から10日までの週の全国の患者報告数(定点医療機関約5000箇所)は、前週の2倍超の定点あたり2.02人を記録したという事です。

 

 

今季の流行シーズン入りは、昨シーズンよりも1ヶ月以上遅かったのです。



都道府県別では、沖縄が最も多く8.19人となり、以下は秋田(7.85人)、新潟(5.73人)、北海道(4.84人)、千葉(2.49人)、福島(2.47人)、岩手(2.4人)、鳥取(2.31人)、茨城(2.29人)、青森(2.18人)、滋賀(2.17人)、岐阜(2.13人)、埼玉(2.06人)などの順だったと云うことです。

 

 

この1周間に全国の医療機関を受診した推計患者数は、前週比2.2倍の約13万人となったのです。

 

 

基幹定点医療機関からの入院報告数は、同3.1倍の169例に、年齢別では80代以上が39例で最も多く、60歳以上が全体の半数近くを占めたのです。

 

 

インフルエンザウィルスの検出状況について、厚労省は『AH3亜型とAH1pdm09の検出割合がほぼ同程度で、ついでB型の順だった』と説明しています。




 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

東京都内でも、インフルエンザの患者報告数が流行開始の目安を超えたことが13日、都がまとめた4日から10日までの週の患者報告(速報値)で分かったのです。

 

 

都内の殆どの保健所管内で、目安を超過していたということで、流行開始の目安を上回ったのは昨シーズンより1ヶ月ほど遅く、過去シーズンで3番めに遅いそうです。

 

 

都は、手洗い適度な室内の加湿換気といった感染予防を求めています。

 

 

都内の定点医療機関あたりの患者報告数は、前週に比べて約4倍の1.67人を記録しています。

 

 

流行開始の目安となっている1.0人を上まったということで、都内のほぼ全域で感染が拡大していることに、31保健所のうち27保健所管内で1.0人を超過したのです。

 

 

都内の保健所管内別の患者報告数は、中野区が2.9人で最も多く、以下は中央区(2.6人)、江東区(2.43人)、荒川区(2.29人)、大田区(2.26人)、港区(2.22人)、新宿区(2.0人)、江戸川区(1.95人)、練馬区(1.9人)、目黒区(1.88人)などの順となっています。

 

 

都によりますとインフルエンザ病原体定点医療機関(41箇所)などから都健康安全研究センターに搬入された検体を調べた所、AH3亜型が全体の6割を占め、AH1pdm09とN型も検出されているそうです。



インフルエンザにかかってしまった場合はどうしたら良いのでしょう?

 

インフルエンザにかかったな、と思ったらなるべく早めに医療機関受診すること、安静にして体を休めるとともに、他の人に伝染させないようにすることも大切です。

 

 

インフルエンザウィルス増殖のスピードが早いために、症状が急速に進行すると云われており、具合が悪くなったら、単なる風邪だと軽く考えずに、早めに医療機関を受診しましょう。

 

 

インフルエンザは、発症後すぐに適切な治療を開始することが重要なのです。

 

 

特に下記の生活上のポイントを守ることです

 

 安静にして休養を取り、特に睡眠を十分に取る

 

 お茶やジュース、スープなど自分が飲みたいもので構わないので、十分な水分補給を忘れずに

 

 周りの人に感染させないためにも、マスクを着用しましょう

 

 人混みや繁華街への外出を控え、無理して学校や職場などには行かない

 

 

 

自分の体を守り、他の人に伝染さないためにも、生活上のポイントを守りましょう。

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください