スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 子供を中心に原因不明の麻痺相次ぐ、ポリオ類似症状 | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

伝染病, 子供の病気

子供を中心に原因不明の麻痺相次ぐ、ポリオ類似症状

スポンサーリンク

ウィルス疑う急性弛緩性麻痺、ポリオに類似

 

 

 

スマートフォンを売るとき、実は初期化だけだと危険がいっぱい!

リサイクルネットなら、特殊ソフトによる完全データ消去で安心買取!
スマホの高額買取は、リサイクルネットへ!

→ 特殊ソフトによる完全データ消去【スマホ売るなら リサイクルネット】

 

 

今年8月以降、小児を中心にポリオの麻痺に類似した原因不明の【急性弛緩性麻痺】が国立感染症研究所(感染研)に報告されていることを受け、厚生労働省は、都道府県などに対して、地方衛生研究所でポリオウィルスを含む病原体を検出する検査の実施を求める通知を出したとのことです。

 

感染研に報告された急性弛緩性麻痺の一部では、呼吸器症状を引き起こすエンテロウィルスD68が検出されたという事です。

 

 

抜群の価格競争力と製品の信頼性【デル・オンラインストア】

[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!

 

 

 

 

エンテロウィルス疾患

エンテロウィルスは、手足口病やヘルパンギーナを引き起こすウィルスや、ポリオウィルスなどが属するグループの総称で、100種類以上有ります。

 

 

急性弛緩性麻痺は、ウィルスの中枢神経感染によって四肢を中心にした麻痺が起きる症状なのです。

 

厚労省によりますと、米国で昨年、エンテロウィルスD68の感染に伴う重症呼吸器不全症例の報告が1000例以上有ったということですが、その一部に急性弛緩性麻痺症状が見られたとの報告があったのです。

 

日本国内では2005年以降、主に呼吸器症状の患者の検体からエンテロウィルスD68が200例以上報告されていますが、急性弛緩性麻痺の症例はほとんど報告されていなかったのです。

 

また、届け出が必要なポリオウィルスとの鑑別を実施する必要性も指摘されている、と云う事です。

 

米国の事例などを踏まえ、厚労省は、ポリオウィルス以外の感染症の可能性も示唆されていることを提示しているのです。

 

また、届け出が必要なポリオウィルスとの鑑別を実施する必要性も指摘されていることに触れ、『原因究明のための実態調査が重要』と説明しています。

 

急性弛緩性麻痺の実態を把握する調査を感染研で行う事になった為、都道府県に関係機関への周知をするよう要望しています。

 

 

 

企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバー

 

→ WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー【ヘテムル】

 

 

全国で下気道炎患者急増

 

急性弛緩性麻痺などについては、日本小児学会も会員に周知を図っているということですが、同学会によりますと、今年8月末頃から9月をピークに、全国各地で喘息様症状を呈する下気道炎患者が急増したのです。

 

中にはICU(集中治療室)入室や人工呼吸管理などが必要となる急性呼吸器不全症例が発生しているというのです。

 

これらとほぼ同時期に、急性弛緩性麻痺症状を呈する休制弛緩性脊髄炎症例が全国から相次いで報告され、同学会を中心に情報共有と検討が進んでいると云うことです。

 

こうした状況を踏まえ、同学会は早期の診断や治療につなげ、今後の予防法の確立に活かすためには、『患者の症状、所見、治療方法、、予後などを含めた臨床・疫学情報に加えて、可能なかぎり症状出現当日の臨床検体及び急性期と回復期のペア血清の確保が重要』と指摘しています。

 

 

 男性専用のBBクリーム登場  NULLBBクリーム

→ 男性専用のBBクリーム登場  NULLBBクリーム

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください