スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 学校のプールでの日焼け止めは必要か、否か? | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

子供の病気, 学校教育

学校のプールでの日焼け止めは必要か、否か?

スポンサーリンク

娘の日焼けが心配で・・・・・!

 

小学校のプールから児童達の歓声が上がる夏、これからの季節こんな悩みを訴える母親が増えるといいます。

 

実際に、水泳の授業での、子供の被焼け対策に頭を悩ませている母親は少なく無いということですが、子供の日焼け対策・紫外線からの影響はどのようなものなのでしょうか。

 

ある母親は『紫外線の影響が沢荒れているので、小学校3年生の娘の水泳には、日焼け止めクリームを使わせたいんです。でも、学校はよほど肌が弱い児童以外の日焼け止めクリームのしようは禁止していて、・・・・・!私地震、シミでずいぶん悩まされている1人。娘には今からケアして健康な肌でいてほしい』というのですが、皆さんはどう思いますか。

 

日本臨床皮膚科医会・学校保健委員会委員長の島田辰彦先生(島田皮膚科院長)は次のように警戒を呼びかけています。

 

紫外線は、皮膚の細胞の遺伝子を傷つけます。また抵抗力も落ちるために、口の周りに赤い水ぶくれが出来る口唇ヘルペスを発症することも有る。

 

長期的に見ると、シミやシワといった肌の老化や、皮膚がんの発症率を高め、また眼にも影響があり白内障を引き起こすことも有るそうです。

 

日光を浴びても黒く日焼けせず、赤くなるだけのタイプの児童は、紫外線の影響をより強く受けてしまうために早急の対策が必要でしょう。

 

 

日本臨床皮膚科医会からの改善提案

 

日本臨床皮膚科医会では”11年に、プールサイドにテントで日陰を作ったり、ラッシュガード(長袖水着)の着用を進めたりするなど、プール授業での適切な紫外線対策を呼びかけているそうです。

 

またWHOも皮膚がん予防のために、子供のうちから紫外線対策をすべきと提言しているとのことです。

 

 

学校の状況は

 

水泳の授業が行われるのは、1年で最も紫外線量の多い時期で、しかも10時から14時のあいだは、更に紫外線が強くなる時間帯です。それなのに学校の大雨が十分と言えないのが現状”08年に日焼け止めのしようについて小学校の対応を調査した所、半数以上が『明確にせず』と回答する結果になり、今も状況は改善されていないでしょう。と前述の島田先生は述べています。

 

水泳で日焼け止めを禁止する学校が多いのは、クリームやオイルによってプールの水質が汚染されるという懸念があるからだそうです。

 

生涯に渡り健康な肌お保には、小さいうちからの紫外線ケアが大事です。沖縄と札幌で、小学校6年生の児童が浴びる紫外線量を比べた所、紫外線の量は、札幌の2倍も有るにも関わらず6割しか紫外線を浴びていませんでした。

 

沖縄では日差しに強い時間は屋外に出ないなど、沖縄の児童には日焼け予防の習慣が有るのです。

 

子どもたちにそんな習慣を身につけさせた上で、子どもたちに紫外線対策について文科省が明確な指針を出すべきです。と島田さんは指摘しています。

 

 

 

 

ワーキングママのキャリアを妨げるのは、長時間労働という美徳文化!

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください