スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 次世代のがん治療BNCTって? | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

iPS細胞, 大人の病気, 生活習慣病

次世代のがん治療BNCTって?

スポンサーリンク

民間病院で世界初の治療を開始、次世代の放射線がん治療法

 

次世代のがん治療法BNCT、貴方は効いたことが有りますか?残念ながら筆者は新聞を見るまでは知りませんでした。

最先端の放射線がん治療法の一つと云うのですが、副作用や他の臓器への負担や影響は少ないと言う事ですが・・・・・。

 

福島県郡山市の一般財団法人脳神経疾患研究所(南東北グループ)が「次世代の放射線がん治療法」として注目を集めるホウ素中性子補足療法(BNCT)による治療を民間病院として世界で初めて、同氏の東北BNCT研究センター(高井良尋センター長)で開始したと発表しました。

BNCTは最先端の放射線がん治療法の一つと云う事で、ホウ素化合物を患者に投与しがん細胞にホウ素を取り込ませるもので、其処に中性子を照射すると、核反応が起きガン細胞が破壊されるのだそうです。

核反応時聞きますと懸念されるのが放射線の被ばくや拡散が懸念されますよね。

しかし、発生する放射線が飛ぶ距離は細胞一つ分で、正常な細胞への影響が少ないと言う事です。

 

治療は基本的に1回で照射時間は40~50分程度とか、外科手術や他の放射線治療が難しい癌などに効果があると言われています。

機関や臓器の切除を行わないために、生活の質を維持したまま治療が出来るというメリットも有るそうです。

BNCTは日本がリードしているがん治療の一つで、京都大学と住友重機械工業が共同開発したもので、平成28年から30年まで首から上の頭頚部(とうけいぶ)にできたガンなどの臨床試験を実施してきたと言う事です。

同センターのBCNT装置で行った頭頚部がんの臨床試験は21例にのぼり、術後の90日の局所効果を調べたところガンが消えた「完全奏功」は5例、30%以上小さくなった「部分奏功」は10例で、ガンが縮小、もしくは消滅した患者の割合を示す「奏功率」は71.4%だったそうです。

 

2年生存は85%で、患者に生じた有害事象は殆ど軽かったと言い、高井センター長は「有効で安全な治療」と説明しています。

 

BNCT治療は6月から一般患者を対象とした保険診療がスタートしました。

同センターでは、2~3年後には年間300人から350人に治療が可能になると見込んでいるそうです。

 

治療対象は当面、頭頚部ガンに限られるとの事ですが、将来的には治療可能な部位を広げていく考えとの事です。

高井センター長は「治療法が無くなったような人でもうまくすれば根治出来る」とBNCT治療の効果を強調しています。

 

同センターの総事業費は約68億円で、福島県の医療関連産業集積プロジェクトの補助金約43億円を活用しています。

 

スキルアップ研修ありの求人が探せるとらばーゆ

使ったTポイントが戻ってくる!ポイントバックキャンペーン ストアスタンプラリー会員様優待!貯めたTポイントを使うなら今がチャンス!

介護や福祉の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイト・カイゴジョブ!

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください