スポンサーリンク
"てんかん"について新しい試みが | Network 健康

Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

未分類

”てんかん”について新しい試みが

スポンサーリンク

スポンサーリンク


突発的な痙攣を起こす”てんかん”実は病気である、ということがあまり知られていない

 

てんかんは病気である・・・・精神病と勘違いしている人さえいるのですが、実は精神病ではなく脳の病気であるのです。

 

突発的な痙攣を起こすてんかんについて群馬大学大学院医学系研究科の柴崎貴志准教授らの研究グループが、10月29日に病態が悪化する仕組みを解明したと発表したのです。

てんかんは、脳の細胞が通常と異なる活動をすることで引き起こされる病気です。

症状の出方は様々で、全身を震わせて手足をバタバタさせるタイプや、意識がボーとしていても話ができるタイプ等があるそうです。

てんかんは決してまれなものではなく頻度の高い病気で、てんかんの年代別発症率は、20~50歳の間は少なく子供と65歳以上の高齢者に多いそうです。

 

グループによりますと、てんかんは脳挫傷や腰部の怪我などで発症するとしており、国内の患者は100万人と推計されるということです。

発作が起こると脳が部分的に発熱して特定のタンパク質の働きが異常に活性化して症状を悪化させていました。

既存の治療薬で発作を完全に抑えることは難しいとのことで、熱部分を冷やすと完全に収まることも判明し、治療器具や治療薬の開発など「病期の進行を防ぐ新たな手法の確立につながる成果」なのだそうです。

スポンサーリンク



 

外科的には脳の原因部分を手術で除去するという治療も有るということですが、運動機能に障害が出る恐れがあるということです。

グループは発作が起こる際のマウスの脳を詳しく分析したところ、発作時には脳の原因部分の温度が正常より1度ほど高くなることを突き止めたのです。

更に体温を感知する「TRPV4」と呼ばれるタンパク質が発熱により異常に活性化し、てんかんを引き起こす神経活動が強まって発作が悪化することも解ったのです。

 

マウスの実験で、脳を冷やす器具を作成し発熱を抑えたところ発作は完全に治まったのです。

更に臨床試験を行い、人で同様の効果が得られることを確かめたそうです。

成果を踏まえ、グループは患者の脳に小型の冷却装置を埋め込み発作を自動で検知して発熱を抑える治療法を研究しているとか、今後5年程度を目処に実用化を目指しているそうです。

 

研究では「TRPV4」の働きを抑える薬をマウスに投与しても発作が治まることも分かりました。

副作用などの課題をクリアすれば、薬による効果的な治療の道も開けるとしています。

 

スポンサーリンク


SAWYER ソーヤー ミニ 携帯用浄水器 災害時、緊急時に安全な水を確保できます[並行輸入品]

<PR DMM見放題chライト>

Helius LED 懐中電灯 usb充電式 小型 フラッシュライト 明るさ1500 ルーメン 超高輝度 1 x 18650バッテリー 3.7V 耐衝撃 携帯便利 強力

LEEPWEI[2019最新版]寝袋 封筒型 軽量 保温 210T防水シュラフ コンパクト アウトドア キャンプ 登山 車中泊 防災用 丸洗い可能 快適温度

防災ラジオ 大容量2000mA防災ソーラーラジオ SOSアラート手回しラジオ AM/FM/WB携帯ラジオ ラジオライト USB手回し発電 ソーラー

【アップグレード版30000mAh&LEDライト付き】モバイルバッテリー ソーラーチャージャー 大容量急速充電器 【PSE認

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme by Anders Norén