スポンサーリンク
行楽シーズン到来、でも旅行先で便秘や不眠に??? | Network 健康

Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

生活習慣病, 精神的疾患, 自然

行楽シーズン到来、でも旅行先で便秘や不眠に???

スポンサーリンク

スポンサーリンク


旅先や出張先での体調不調!あなたはどう防ぐ??

 

 

春や秋の季節には旅行や出張がつきものですが、楽しいはずの旅行などでは私の体調不調でみんなに迷惑がとか、みんなが楽しんでいるのに、昨夜寝付けずにちょっとダルかったりイライラしたり、そんな経験したことありませんか。

出張でも過度なストレスで便秘になったり、急に腹痛を起こしたり、経験ありますよね。

人はなぜ旅行や出張に行くと便秘や腹痛、眠りが浅くなって早く目が覚めたり、なかなか寝付けなかったりするのでしょう。

どうやら原因は私達の自律神経に有るようなのです。

 

脳腸相関が注目されている

人はなれない環境に置かれると脳の視床下部がストレスを感じ自律神経が乱れて様々な症状を引き起こすと言われ、便秘や下痢などの症状もその一つだそうです。

ただ下痢には食あたりや食べ過ぎ、細菌感染等も考えられますので一概には言えないかも知れませんね。

自律神経には、体を活動的にしてくれる交感神経とリラックスをさせてくれる副交感神経があります。

その両神経のうち、交感神経が働きすぎると腸の動きは逆に低下して便秘になるのだとか。

一方で、副交感神経が働きすぎると、腸の動きが活発になり下痢を引き起こす原因になるのだそうです。

これらは相反する動きとして現れますが、実は脳のストレスがダイレクトにどちらかの神経を刺激しているために引き起こされていると、最近言われているのです。

脳と腸の情報交換は一方的ではなく、腸からも脳にメッセージが発信されているそうです。

脳と腸がそれぞれ感じたストレスは互いに影響し合うのだとか、その為、腸の不調を放おって置くと悪循環にはまってしまうのです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

対処方法は??

要はストレスを開放するまたは転換する方法を取ればよい・・・・口に出すのは簡単ですが、どのような方法があるのでしょうか?。

手軽にできる方法として寝る前や朝のストレッチなどもありますが、旅先での入浴も効果があるそうです。

体調が悪いから先に寝るはね!!ではなく、気分転換をするために風呂に入る・・と考えたほうが良いようですよ。

このような時には無理なお酒は止めたほうが、良いそうです。
ストレスが発散すぎて、思わぬ発言や事案を増やす可能性も、それに睡眠の質を落とすと言われています。

特にアルコールは、利尿作用で睡眠中にトイレに立つことになり寝付きが悪くなってしまいます。

そしていま多くの方が持っているスマートフォン、寝る前の数時間は使用を控えたほうが良いそうです。

スマホ、誰だって気になりますよね。

でも、液晶画面からのブルーライトが睡眠の質を高めるホルモン「メラトニン」の分泌バランスを崩すのだとか、これは普段の性活でも寝る約30分前にはスマートフォンやTVは控えたほうが良いと言われていますから、皆さんご存知ですよね。

ちょっとした気遣い、ストレッチや気分転換を図ることで、旅行も出張も楽しく楽になるのですから、実践してみては如何でしょう。

これからのシーズンを、工夫で乗り越えて楽しみましょう。

 

 

スポンサーリンク


植物性乳酸菌たっぷり100mg配合サプリ「アレルナイトプラス」アレルナイトプラス

アイメイドシリーズ は自分自身でフィッティングができる。「世界でひとつだけの枕」をあなたの手でアイメイドシリーズ

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme by Anders Norén