スポンサーリンク
インフルは手洗い・うがいで防げる? | Network 健康

Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

伝染病, 大人の病気, 子供の病気

インフルは手洗い・うがいで防げる?

スポンサーリンク

スポンサーリンク


今年はインフルエンザが大流行、うがい・手洗い・マスクは効果があるのか?

 

日本列島はインフルエンザが大流行、老人ホームや病院、保育園や幼稚園、学校環境等では集団感染の恐れがあるのです。

そこで対策としてあげられるのが、マスク・手洗い・うがいですが、果たしてどこまで効果があるのでしょうか?

厳しい冷え込みと乾燥で、インフルエンザや風の流行が拡大しているのですが、もし罹ってしまったら、まずは医療機関への受診や療養をしますよね。

そこでまず疑問に思うことは、『今日、風呂に入っていいの?』と、迷ったことはありませんか。

 

多くの医者に聞いたところ、初期のひき始めには体を十分に温める意味で、熱い風呂に短時間なら大丈夫だとか、長湯は体力を奪う為良くないそうです。

また、発熱している場合は脱水状態に陥りやすくなるため、入浴後に水分の摂取が必要だそうです。

 

当然ですが、風呂から出たらいつまでも起きていないですぐに布団に入ることを忘れてはいけませんね。

療養することがいちばん大切なのですから、水分を十分にとり養生しましょう。

スポンサーリンク


スマートパスファーストフードやレストランで使える割引クーポンや会員限定のプレゼントや人気アーティストのライブに招待される特典付き。

なぜ、手洗い・うがい・マスクなのか?

手洗いの必要性

人が罹患する原因の多くは、手に付着した病原性微生物(細菌・ウイルス)が物品に付着し、そこからまた手を介して鼻や口・目などから体内に入るからなのです。

例えば、つり革・手すり・エレベーターボタン・ドアノブなどを介して手から手へと広がり、それが感染拡大のきっかけと考えられているそうです。

 

つまり、手は見た目に汚れていなくても病原性微生物やウイルスなどが付着している可能性があるため、石鹸と流水を用いて、手をきれいに洗い流す習慣をつけることが感染対策の基本であり、最も重要な手段と言えるわけですね。

特に2回手洗いを実施することで、ウイルスの除去効果上がるというデータもあるのです。

冬場のウイルス流行時のトイレの後には、2回の手洗いがおすすめだそうです。

 

マスク単独の仕様は効果が殆ど無い

様々な医療機関が行った調査によりますと、マスク単独での効果はないそうです。

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

それではなぜマスクなのか?・・・ウイルスはマスクを通り抜けてしまうのに、日本ではマスクの着用を勧めますよね。

まず考えられるのは、飛沫感染を防ぐ、前述したとおりウイルスにはマスクは全く効果がありませんが、唾液などの飛沫は抑えられますし、ウイルスが多くある鼻・口周りなどに手が触れる機会は少なくなりますよね。

そしてマスクの着用は、汚染された環境に接触した手で自分の鼻を触る等、自分自身への接触を減らすのです。

 

手指衛生、咳エチケットの実施としてマスクは併用効果があるということなのです。

スポンサーリンク


うがいは?

うがいについては、ほとんど効果がないそうです。

ただ、うがいすることにより、水の乱流によってウイルスや、ホコリの中にある細菌などが洗い流されることなどが考えられます。

うがいをする時に、緑茶でうがいした子供は発熱しにくく、食塩水、水道水の順番に発熱者の割合が増えたとの研究結果もあるそうです。

乾燥してるこの時期、細かいホコリが喉に付着している可能性が高いので、外に出すという意味ではうがいは一つの予防になりますが、常時マスクをしている人には必要性はありませんね。

 

それにマスクは一度使用したら、廃棄しましょう。

理由は、マスクの表面にはウイルスも細菌も付着していますがホコリも付着しているわけで、それを手で触れてしまったら何のために予防してるか、もったいぶらずに廃棄したほうがよいそうです。

 

お得な情報
アトケアプロかきたい衝動、ガサゴワ肌の悩みにサヨナラするための免疫力をサポート。



年会費無料【YJカード】 お買い物100円毎に1ポイントたまるYahoo!ショッピングでのお買い物なら、なんと通常の3倍



104種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★

スポンサーリンク


<PR DMM見放題chライト>

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme by Anders Norén