スポンサーリンク

異常行動との関連性認められず、使用制限を解除

 

厚生労働省の有識者会議が5月16日、インフルエンザ治療薬『タミフル』の10代への使用制限を解除する方針を決めたと云う事です。

 

 

過去に薬を飲んだ子供がベランダから転落するなどの異常行動が相次いでいたため、2007年から10代への使用を原則禁止してきましたが、タミフルによって異常行動が起きると結論付けられないとの判断をしたようです。

厚生労働省は、年内にも添え付け文書の改訂を製薬会社に指示すると云う事です。

 

タミフルの処方は、インフルエンザが重症化する危険が高い場合などには認められています。

厚労省の研究班は、10代の異常行動を分析したところ、09~16年の100万処方当たりの報告数は、タミフルを使った患者は6.5件だったそうです。

 

別のインフル治療薬でも、リレンザ4.8件、ラピアクタ36.5件、イナビル3.7件出ており、薬を使わない患者でも確認されている事が分かったのです。

研究班は、『薬の服用の有無、種類に関わらず、インフルエンザ罹患時には異常行動を起こす可能性がある』としたのです。

 

この日の有識者会議では、『ほかの薬でも同様の異常行動が起こっており、タミフルだけが危険だと云う誤ったメッセージになる』などの意見が出たようです。

 

 

厚労省は、添え付け文書の警告欄に書かれた『10歳以上の未成年の患者に、原則として使用を差し控えること』の削除をするよう指示する予定のようです。

タミフルは国内では01年に発売され、飲みやすい薬として広く使われています。

07年以降、10代への処方は減少したようですが、16年度の推計で10台は約10万人に処方されていると云う事です。

 

お得な情報
楽天1位☆へパリーゼZが初回半額!ビジネスマンの味方♪通販限定のヘパリーゼ粒タイプ!
 

異常行動について

インフルエンザにかかって急に走り出したり、飛び降りたりするなどの異常行動が後大を絶たないとして、厚労省は、ドアや窓を施錠するなどの対策を促す通知を都道府県に出していました。

治療薬タミフルとの関連が以前から指摘されてきましたが、薬の種類や服用の有無にかかわらず起きていることなどから、流行する前に『対策を徹底して、事故を防いでほしい』等と呼び掛けていたのです。

 

通知は(1)窓や玄関の施錠、(2)窓に補助錠を設置、(3)一戸建ての場合は1階に寝かせる・・・・・などです。

タミフルばかりではなく、ほかのインフルエンザ治療薬でも同様のリスクがあることを明記しています。

薬の使用や種類の関係なく、高熱が引き越している可能性が指摘されています。

 

お得な情報
楽天1位☆へパリーゼZが初回半額!ビジネスマンの味方♪通販限定のヘパリーゼ粒タイプ!

もう夜中に悩まない!ぐっすり朝まで眠りたい キレが悪くなったら【ノコギリヤシ400+ペポカボチャ】

日米リーディングカンパニーが作ったお洒落で美味しいVAPE 【スムースビップ/Smooth VIP】

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>