スポンサーリンク

感染すると肝不全から死に至る場合も、愛知県知多半島で拡大を確認

 

北海道で流氷とともに有名なキタキツネですが、実は『エキノコックス』はこのキタキツネに多く見られる寄生虫なのです。

 

 

人に伝染ると、約10年間の潜伏期間を経て重い肝不全を起こすことが有るのです。

 

この『エキノコックス』が、愛知県の知多半島域で広がっているのことが分ったというのです。

愛知県では、2014年阿久比町で捕獲された野犬で、本州の犬としては全国2例目となる感染が確認されていました。

 

その後、調査を続けた結果、3月に入り南知多町など周辺の市町で、複数の野犬への感染が確認されたということです。

国内では北海道以外で感染の広がりが認められるのは初めてで、愛知県や厚生労働省は知多半島の一部を流行地域と位置づけて、注意を呼びかけています。

 

 

お得な情報
徹底的にリスク回避をした不動産投資 想像以上の安心感 10年家賃定額保障アパート経営【arumaison】

 

エキノコックスは人に感染らないは誤解

北海道では毎年約20人の感染者が報告されていますが、『人への感染の危険はなし』との報道がされたことがあります。

 

円山動物園の人気者であったテナガザルの『グレコ』が死亡、エキノコックス感染が疑われていた時期に、一部報道で、エキノコックスが『動物感でうつ病機ではない』、『人への感染の危険はない』とされたことが、SNSで話題になったのです。

 

エキノコックスは、自然界では狐とのネズミの『食べる・食べられる』の関係で感染するものです。

 

 

また、『人畜共通感染症』であり、北海道では毎年約20人の患者が報告されており、エキノコックス自体は動物感でも伝染るし、人への感染の危険性も有る寄生虫なのです。

 

キツネや犬では感染しても無症状のことが多いのですが、人間では数年~十数年の潜伏期を経て、上腹部の不快感や膨満感、次第に肝機能障害に伴うダルさや黄疸などの症状が現れるのです。

<PR DMM見放題chライト>

 

 

放置すれば、肺や脳に転移し、命に関わることも有るということです。

 

エキノコックスは、人と人、サルとサル、サルと人など、中間宿主の間では感染らないとされています。

危険なのはキツネや犬などの終宿主が排泄した分の中に含まれている虫卵で、これを経口摂取することで、人やサルに伝染ることが有るのです。

 

北海道では地域にもよりますが、キツネは北海道では当たり前の動物です。

札幌市の公式サイトの注意喚起によれば、人がエキノコックス感染を予防するために必要なのは、野生のキツネに手を触れないこと餌付けもしてはいけない、との事です。

 

また、野山に出かけた時は、

○ 虫卵に感染されている可能性が有るため、生水は飲まない。

○ 果実や山菜などもそのまま口にしないで、流水でよく洗い、十分加熱する。

○ 帰ってきたら手をよく洗い、衣服や靴についた泥もよく落とす。

などの対策が挙げられています。

 

お得な情報
徹底的にリスク回避をした不動産投資 想像以上の安心感 10年家賃定額保障アパート経営【arumaison】

資産運用をお考えの方に◆都内中古マンション投資の無料出張相談◆【中古マンション投資・不動産投資セミナー】

私のシャツ、あなたのパンツ、あの子の靴下・・・他になんかあるっけ?家族に必要な下着を
まとめて購入♪下着・靴下・ストッキングの通販 すててこねっと

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>