スポンサーリンク

日本での視覚障害の第1位を占める緑内障、緑内障は自覚症状前の早期発見が鍵と云われる

 

私達は知らないない間に、緑内障の恐怖に晒されている可能性が有るというのです。

実は緑内障は、我が国の視覚障害の原因の第1位占めている、と云うのです。

 

日本緑内障学会と岐阜県多治見市が2000年から01年にかけて同市で行った疫学調査によりますと、40歳以上の緑内障有病率は男女ともに5.0%で、20人に1人という割合でかなり高いことがわかったのです。

 

目の病気では、白内障緑内障がよく知られていますが、2つの病気は決定的な違いがあります。

白内障は手術をすれば視力がもとに戻る』のですが、『緑内障は手術をしても欠損した視野は戻らない』のです。

しかも、『緑内障は非常に慢性的に進む病気であるため、自覚症状がでないことが問題』だと指摘する医師もいるのです。

 

 

お得な情報
副業・アパート経営を考えている方に想像以上の安心感 10年家賃定額保障アパート経営arumaison(アルメゾン)

 

正常眼圧でも緑内障に

名古屋市立大学病院長で同大大学院医学研究科視覚科学教授の小椋祐一郎氏は次のように解説しています。

 

チョッと目の調子がおかしい、と思って眼科を受診する。

しかし、その時には視神経の半分以上がだめになっている

2~3割の視界が死んでも、代謝機能が有るので気づかない』

更に厄介なのは、眼圧が正常範囲にありながら緑内障になる人がいることだ。

多治見市における疫学調査の結果、緑内障の70%がこの正常眼圧緑内障であることが分かったそうです。

 

小椋氏は、『それまで、私達専門医も【緑内障は眼圧が高い】と考えていたので、この調査のインパクトは大きかった』と述懐しています。

 

完治が期待できない緑内障の対策は、一にも二にも早期発見・早期治療によって病期の進行を止めるしかないのです。

眼圧と眼底を対象にした2つの検査で十分だ。これを年に1回、定期的に受けてほしい。ただ、検査結果が全て正常であれば2年に1回でも良いだろう』と小椋氏はアドバイスをしています。

<PR DMM見放題chライト>

 

点眼薬は3種類まで

治療はまず薬物療法の点眼薬から始まるそうです。

内服薬を併用するケースも有るとの事ですが、副作用を招く恐れが有るということです。

 

小椋氏は、『1種類の点眼薬から開始し、効き目がなければ、2種類、3種類と増やしていく。

ここ数年で良い薬が登場し、選択肢も増えた』とした上で、『患者の立場を考えれば、3種類が限度だろう。1日数回の点眼を一生続けなければならないのだから。

誤った考えで治ると思っている場合は、特に辛いだろう』・・・・と、話しています。

 

薬物療法で進行が止められない時には、レーザー治療もしくは、手術治療が必要だとか。

レーザー治療は外来で可能とのことですが、原則入院となるそうです。

 

目の中の『房水』の流れが悪くなると、眼圧が上がる、そこで、手術により穴を開け、水を外に流す『バイパス』を作る。

ただ、『1回の手術治療でうまくいくのは3分の2で、3分の1は2回以上の手術が必要になる』・・・と、指摘しています。

 

手術も進歩しており、『ここ数年で、以前と比べ切開創が小さくなり、新しい術式も出てきている』

『いずれにしろ、緑内障は早期発見が極めて大切だ』・・・・と、小椋氏は重ねて強調しています。

 

お得な情報
副業・アパート経営を考えている方に想像以上の安心感 10年家賃定額保障アパート経営arumaison(アルメゾン)

資産運用を考えているなら◆都内中古マンション投資の無料出張相談◆【中古マンション投資・不動産投資セミナー】へ

【オトナの女性向け・声優ファン必聴】スマホでドラマCD・シチュCDが聴けるサービス「ポケットドラマCD」