スポンサーリンク

花粉症は『鼻』だけではなく『のど』や『肌』にも現れる。

 

花粉症の症状として、『くしゃみ』や『鼻水』が有名ですが、実は、花粉が引き起こすアレルギー症状は『』だけにとどまらず、『目』や『喉』、『肌』にも起きると云うのです。

 

 

そのため、自分の不調の原因が花粉症であることに気づいていない人も多いそうです。

 

特に花粉のある外気に触れた個所(顔や手・足・首周辺)などに肌の異常が多くみられると云うのです。

赤みや発疹を伴う事もあり、重度の場合には赤く腫れあがるケースも有るようです。

 

しかし、軽度の場合には、『肌が乾燥する』、『ピリピリしやすい』といった程度で済む為、肌の症状については、単なる『原因不明の肌荒れ』と誤解されやすいのです。

 

お得な情報
想像以上の安心感 10年家賃定額保障アパート経営ならarumaison(アルメゾン)

花粉症の3つの対策とは

「花粉症」は外気を飛んでいる花粉が体のいろいろな部位に進入するために起こるアレルギー症状を云う訳なのです。

そのための対策は至極当然として、花粉をできるだけ寄せ付けず、花粉がついたらすぐ落とす習慣作りが大切なのだそうです。

 

多くの方が実践している対策の+αとして捉えて頂ければ有難いですね。

 

 

(1)マスク・メガネ・に帽子をプラス

花粉は、鼻・目など、様々な部分から侵入してきます。

そのため、口元にはマスク、目元には眼鏡やゴーグルなどで花粉が入ってくるのを防ぐ事が大切で、特に眼鏡については目元を覆うタイプのものが効果的だそうです。

 

また、意外と効果が高いと云われているのが『帽子』です。

スポンサーリンク

実は体の部位の中では『頭部』が、最も多く花粉がつく場所だと云うのです。

さらに髪毛一本一本に花粉が潜り込んで付着するため、一度付いてしまうと落としにくい手ごわい存在、と云う事です。

帽子をかぶっていれば、帰宅時に帽子を払うだけで済み、花粉の侵入をかなり防御してくれる訳です。

 

(2)花粉症対策として服装の素材選びから

スギ花粉の場合には2月ごろから花粉の飛散が始まるのですが、衣服がまだ冬服の方も多いのではないでしょうか。

冬の上着に使われやすいモコモコとしたウールなどの素材には、多量の花粉が付着してしまいます。

 

上着として着る衣服の素材には、ナイロン等のできるだけ手触りがツルツルとした物を選ぶようにしましょう。

また、マフラー類もウールのニット素材は避け、スカーフ類の滑りの良いものを選んだほうが無難だと云う事です。

 

(3)帰宅したら『うがい』と『手洗い・洗顔』をしましょう

外出をして帰ってきたら、まずは外気に触れた場所・部位を洗う習慣を身につけましょう。

のどに入った花粉は、うがいをすることで多くを外に洗い流す事が出来るそうです。

また、両手をきちんと洗うだけではなく、できたら顔全体を洗うのが良いと云う事です。

 

出来ることなら、帰宅したら一番に入浴して、髪や体についた花粉をすべて洗い流すのがおすすめだそうです。

 

お得な情報
想像以上の安心感 10年家賃定額保障アパート経営ならarumaison(アルメゾン)

老後の対策をお考えなら◆都内中古マンション投資の無料出張相談◆【中古マンション投資・不動産投資セミナー】

獣医師開発の国産鹿肉ドッグフード!愛犬の健康を真剣に考えて年齢ステージ別に最適配合”>国産鹿肉ドッグフード「Daily Style」 

<PR DMM見放題chライト>