スポンサーリンク

7割近くが睡眠の質に不満を持っている、日中に眠気を感じる人は8割以上も!

 

最近は睡眠への関心が高まっており、TVやメディアでも取り上がるほどに、そんなか睡眠に関するいろいろな調査が行われているというのです。

平成27年7月に、味の素株式会社がインターネットを通じて行った『全国睡眠意識調査』(対象:日本に住む20歳以上の男女。計1200人)では睡眠の質や日中の眠気、睡眠の悩みについてアンケートが取られたのです。

 

まず睡眠の質について、過去1ヶ月間に週3回以上当てはまるものを尋ねた結果は次のとおりです。

○ 非常に不満である       4.5%

全く眠れなかった

○ かなり不満である      15.3%

○ 少し不満である       49.0%

○ 満足している        31.2%

つまり、満足した睡眠を取っている人は、3人に1人しか居ないことが分かりました。

一方、睡眠の質に不満がある人は、全体の7割近くもいることが分かったのです。

 

次に、日中の眠気について、過去1ヶ月間に週3回以上当てはまるかを尋ねたところ次のような結果になったのです。

○ 激しい            17.8%

○ かなりある          15.4%

○ 少し有る           63.1%

○ 全くない           19.3%

生体リズムの働きで、午後2時から4時頃には誰でも眠くなりますので、少し眠気がある人は正常と言えるでしょう。

しかし、『眠気が激しい』、『かなりある』と答えた人は合わせて全体の2割弱もいるのです。

これ等の人は、睡眠時間を増やすか、睡眠の質を高めて、日中の眠気を減らす必要があるそうです。

 

最後に眠気を改善したいかを尋ねたのです。

○ そう思う           17.8%

○ ややそう思う         30.9%

○ どちらともいえない      29.6%

○ あまりそう思わない      13.6%

○ そう思わない          8.2%

約半数の人が、今の睡眠を改善したいと思っていることが、しかし、思っていてもなかなか実行できないのが現実なのです。

 

 

オトクな情報
創業45年のフクホーは安心の日本貸金業協会会員!安心の金利7.30%~!キャッシング・消費者金融の【フクホー】

 

 

睡眠の質が悪くて眠気がひどい人には食で改善しよう

毎日が忙しい現代人にとって、睡眠時間を伸ばすのは難しいことでしょう。

しかし、短い時間でも質の良い睡眠を取れば日中の眠気はある程度和らぐというのです。

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

 

睡眠の質を高める方法はいくつか有りますが、手軽に改善するには睡眠の良い食べ物を取ることなのです。

睡眠の質を改善する食べ物として、3種類のアミノ酸がお勧めだとか、アミノ酸の中でもグリシンと、トリプトファン、ギャバが特にお勧めだそうです。

 

グリシンは体温の低下をスムーズにして、深く眠るサポートしてくれるのです。

 

 

エビやホタテ、イカ、カニ、カジキマグロなどの魚介類に多く含まれていて旨味の基となっています。

 

トリプトファンは、睡眠ホルモンとも呼ばれるメラトニンの原料なのです。

 

 

トリプトファンは、牛乳や乳製品、豆・豆製品、バナナ、アボカド、肉類、筋子、たらこに比較的多く含まれています

 

医師が処方する睡眠薬の多くは、脳の中でギャバの作用を強めて、眠らせようとするものです。

 

 

玄米が胚芽米、アワ、キビ、ヒエ、大麦などの雑穀、小魚、スプラウト(発芽野菜)、ココア、チョコレートなどにギャバが多く含まれているそうです。

 

薬やお酒に頼らず、これ等の食品をうまく組み合わせて、眠りの質を高めてみてはいかがでしょうか。

 

オトクな情報
創業45年のフクホーは安心の日本貸金業協会会員!安心の金利7.30%~!キャッシング・消費者金融の【フクホー】

超高速2Gに乗り換えチャンスNURO光キャンペーン中【キャッシュバック最大70,000円】NURO光(ニューロ)

20万人以上の医師が登録するm3.comを運営!エムスリーグループの医師転職支援ソニーグループ運営の医師求人、転職支援【エムスリーキャリア】

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>