スポンサーリンク

痛みを抑える目的で、試合前にスポーツ選手が服用、生殖機能に影響をおよぼすことが判明

 

歯が痛い、頭が痛い、生理痛等など多くの方が使用している鎮痛剤、その市販の鎮痛役の成分として使われているイブプロフェンと、男性不妊との関係を指摘する研究成果が、8日の米科学アカデミー紀要(PNAS)発表されたというのです。

若い男性に被験者に、スポーツ選手が使っているのと同じ量のイブプロフェンを服用してもらったところ、生殖機能が低下する中年期のようなホルモンの状態になることが、分かったという事です。

 

フランスとデンマークの研究チームは元々、世界各国で市販の鎮痛役の成分として一般的に使われているアスピリン、アセトアミノフェン(別名パラセタモール),イブプロフェンの3薬品について、妊婦が服用した場合の影響を調べていました。

この研究では、3薬品とも男の赤ちゃんの睾丸(こうがん)に影響をおよぼすことが判明しました。

 

そこで、研究チームは成人男性への影響についても研究に乗り出し、特に3種類の中で最も強い影響が確認されたイブプロフェンに重点を絞ったということです。

非ステロイド系のイブプロフェンは、スポーツ選手が試合前に痛みを抑える目的で服用することもあるそうです。

 

研究チームは、18~35才の男性31人を被験者として、うち14人には600ミリグラムのイブプロフェンを1日2回、服用してもらいました。

これは多くのスポーツ選手が1日に服用する量に相当し、残り17人には偽薬を服用させました。

 

この結果、イブプロフェンを服用した男性は14日以内に、黄体形成ホルモン(下垂体から分泌され、睾丸を刺激して男性ホルモンのテストテロンを生成する)が、血中を巡回するイブプロフェンの濃度と同調するようになったということです。

同時に、黄体形成ホルモンに対するテストテロンの割合が減少する睾丸機能不全の兆候が確認されたというのです。

 

PR 【楽天・Amazonで1位獲得】今最も話題の手汗対策予防クリーム 使って実感!大好評の手汗対策クリーム TESRAN

 

スポンサーリンク

 

こうしたホルモンの撹乱(撹乱)は、生殖障害やうつ、心血管系疾患のリスク上昇に関係する症状を引き起こしていたのです。

今回の研究のように、若い男性が短期間のみイブプロフェンを服用した場合であれば、影響がでたとしても確実に元の状態に戻ることが出来る、と研究者は解説しています。

しかし、長期間イブプロフェンを服用した場合、健康にどのような影響が出るかは分からないとしているのです。

 

別の研究では、北米や押収、オーストラリア、ニュージーランドで男性の精子の数が激減しているという調査結果も発表されています。

米ミズーリ大学の研究者によれば、殆どの医薬品は、男性の生殖機能に及ぼす影響を調べること無く流通しているというのです。

 

今回の研究では、イブプロフェンが健康な若い男性の生殖ホルモンを撹乱する可能性が有ることが分かったのです。

しかし、生殖能力の低い男性の場合、更に大きな影響が出る可能性もあると見て、ミズーリ大の研究者は指摘しているのです。

 

子どもを持つ予定の男性の場合、『数ヶ月間は薬品の使用を控えたほうがいい』・・・と、とアドバイスをしています。

 

PR 2社間ファクタリング事業 売掛金の買取銀行から融資を断られた、事業拡大したいけど。福岡のトラスゲートウェイまで

PR 5大特典付き!アロマで鼻すっきり『ナチュラルハーブスプレー レスピレーション』

PR ホテル最安値の簡単検索・比較サイト 国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>