スポンサーリンク

冬に多いと云われる虚血性心不全、寒暖差による急激な変化が原因

 

元プロ野球選手で監督して活躍した野村克也氏の妻であり、タレントとしても活躍した野村沙知代さんが『虚血性心不全』で急死されました。

(参考写真であり本文との関連性は有りません)

 

亡くなる当日に突然体調を崩され、、救急搬送されたというのですが、死亡が確認されたということです。

 

前日まで普通に食事をするなど普段と変わらない生活をしていたそうですが、亡くなる直前は次のようだったということです。

 

沙知代さんも起き、ダイニングへ向かったが用意された食事に一口しか手を付けなかった。

しばらくして、テーブルで意識を失った。

『最後は本当に喋れなかった、「どうしたんだ?」だけ』。

旧キュ社で病院に搬送されたが午後4時9分、夫・野村克也氏に見送られ永眠した。

 

これ等の状況から、急に様態が悪化したことが分かるのではないでしょうか。

 

PR アウトレットと中古パソコンの「イオシス」 年間販売台数30万台以上!【中古パソコンと白ロム、スマホ、携帯電話販売のイオ シス】

虚血性心不全とは?

「虚血性心不全』とは、虚血(血液が流れなくなること)のために心臓が動かなくなる(心不全)ことを云うのです。

まず、心臓に血液が行き渡らなくなるため、心臓の筋肉の細胞は酸素や栄養の不足により死んでしまうのです。

そして、心臓が動かなくなれば、全身に血液が行き渡らなくなり、全身の細胞が死んでしまう事に、こうして死に至るという訳なのです。

 

狭い定義では、急性心筋梗塞、狭心症、もう少し広い定義では、重篤な不整脈(致死的不整脈)、高血圧性心疾患(心肥大)、弁膜症などが原因となるそうです。

虚血性心疾患と同じ意味ですが、突然死を強調するために「虚血性心不全」という言葉が使われることが有るということです。

 

厚生労働省の人口動態統計によりますと、10万人以上の人が虚血性心疾患でなくなっていると思われます。

2016年に亡くなった人130万7748人ですから大体10人に一人位の人が『虚血性心不全』で亡くなっていることになります。

 

冬に多い『虚血性心不全』

冬は虚血性心不全を含めた、血管の病気によって急死する事例が多いと云われているそうです。

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

その原因にあげられるのが、寒暖差による血圧の急激な変化で『血液サージ』ということも有るようです。

野村さんが朝に発症しているように、朝は交感神経の活動が高まり、急な血圧上昇を引き起こしやすい時間帯といえるのです。

これに冬の寒さ厳しいという時期というものと重なり発症したのでは、と思われているのです。

 

虚血性心不全を防ぐには

虚血性心不全を防ぐ最善の方法は、血管の健康を保つことです。

東京都監察医務院ウェブサイト『突然死の中で最も多い急性心臓死』の中で日常生活の注意点を以下のように挙げています。

 

◎ 会社などの定期健康診断を必ず受診すること

◎ 年に数回は血圧測定すること(特に30歳以上の人)

◎ 塩分はできるだけ少なくする。肥満を防ぐ

◎ 何か症状が出たら医療機関を受診する。

◎ 禁煙。

◎ ストレスを避ける(特に競争心が強い努力家、性急、短気な方)。

◎スポーツなどの趣味を適度に生活の中に取り入れ、睡眠を十分に取る。

 

上記に挙げられた項目は当たり前のことばかりですが、健康に王道はないということ、老若男女を問わず突然死する可能性は誰でも有るのです。

ですから準備など出来ない可能性が高く、特に中年以降の年齢の方々は、自分自身、あるいは肉親が突然死する可能性が有ることを踏まえて、準備する必要はあるかもしれません。

野村沙知代さんのご冥福をお祈り申し上げます。

 

PR バイク買取/全国無料出張査定 オートバイ超高価買取ならバイク買取専門店パイクワン

PR 無駄な保険ではイザという時、あなたの家族を守ってくれません。総額が最大650万も変わる?無料の保険相談なら保険マンモス!

PR あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら 中古車買取実績No.1ガリバー】

スポンサーリンク