スポンサーリンク

紙巻きタバコより短く危険、誤飲相次ぎ注意を呼びかける

 

『加熱式タバコ』の普及に伴い、国民生活センターは16日、乳幼児の誤飲に注意するよう呼びかけています。

これまでの紙巻きタバコよりも短いものが多く、誤飲しやすいというのです。

 

加熱式タバコは葉を燃やさないで、持ち運べる充電式機器にタバコ葉が入ったステイックやカプセルをセットし、加熱して蒸気を吸うものです。

紙巻きタバコに比べて匂いが少ないため、愛好家が増えているのです。

 

国民生活センターによりますと、日本たばこ産業(JT)など3社が販売する加熱式タバコ計12銘柄について調査しました。

長さは24~83ミリで、乳幼児が飲み込んだり、窒息したりする危険性を判定する試験機を使って調べたところ、そのうちの9銘柄は3歳児未満の子供が誤飲するサイズだったと云うのです。

 

JT等によりますと、各社の代表的な紙巻きタバコの長さは83~99ミリということです。

また、業界にはステイックなどが入った外箱の構造について、子供が取り出しにくいように改善することなどを求めています。

 

 

PR 大人のための粉ミルク型サプリメントプラチナミルク for ビューティ

 

 

公益財団法人・日本中毒情報センターには2016年中、加熱式タバコに関する問い合わせが419件あり、『多くは子供が口に入れてしまった』等という趣旨の相談だったということです。

現時点での国内のでタバコ全体の売上に占める加熱式のシェアは約10%とされ、平成32年には30%に拡大するとの予測も有るのです。

 

通常の紙巻きタバコは、葉たばこを燃やして煙を吸い込みますが加熱式は電気ではを蒸して発生する蒸気を吸って香りを楽しむものです。

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

煙や灰がでないため、臭いや火事の心配もないのが特徴です。

 

ここ数年タバコ葉に火を点けず、電気的にヒーターで加熱などして吸う新しいタイプのタバコ=加熱式タバコ=が発売され、煙や臭い、タールなどの吸入や空間への排出が少ないとされていることから販売数を伸ばしているのです。

一方で、加熱式タバコの使用前後のタバコ葉が入った部分を食べてしまったという事故情報が医療機関ネットワーク(9件)やPIO-NET(2件)に多く寄せられているのです。

 

いずれも2016年度以降に発生したもので、被害者の年齢が判明している10件については全てが1歳5ヶ月までの乳幼児だったのです。

消費者へのアドバイスとして、加熱式タバコの使用前の1本分のタバコ葉中には中毒症状が現れる恐れのある量のニコチンが含まれており、使用前後のタバコ葉の入ったステイック等は乳幼児の手の届かない場所に保管・廃棄するようにしましょう。

国民生活センターは、誤飲した時は水や牛乳などを飲ませずに、すぐに医療機関へ行くよう呼びかけています。

 

 

PR 使用者急上昇中♪いつでも簡単ツルツルになれる脱毛革命☆ブラジリアンワックス【シェリークリア】

PR 【朗報!】飲むグルコサミンでは満足できなかった方に塗るだけで節々、ツラくない!腰・肩・ひざに直に届く エミューオイル入りクリーム「エミュープラスHi」

PR 葉酸サプリ・妊活サプリをお探しなら妊娠前(妊活中)・妊娠中・授乳中でも安心安全の葉酸サプリ【ママニック】

 

 

 

<PR DMM見放題chライト>