スポンサーリンク

大都市以外でも拡散傾向、岡山・熊本では昨年の3倍超に

 

梅毒の感染が全国的に広がっているというのです。

 

 

国立感染症研究所が31日に発表した患者数は、今年に入って10月22日までで計4568人に、42年ぶりに4千人を超えた昨年1年間の4518人を既に上回ったのです。

 

感染研によりますと都道府県別では、東京が最も多く1423人、次いで大阪624人、愛知277人、神奈川258人、福岡190人と続いたのです。

地方でも増加傾向が目立ち、昨年38人だった岡山は135人に、15人だった熊本は55人とそれぞれ3倍超に急増しました。

広島109人、香川59人、青森57人、山口21人といずれも昨年の2倍を超えたという事です。

 

患者は2010年から増加し、女性は20代に多く見られ、男性は20~40代に多いことが分かりました。

性産業に従事する若い女性や、その客となる男性の間で感染が広がっている可能性が指摘されているのです。

 

梅毒の年間の患者数は昭和20年代には20万に程度されていましたが、抗生物質のペニシリンが開発されその普及とともに減少傾向を示し、平成9年には500人程度になりました。

しかし、6年程前から再び増加に転じていたのです。

 

 

PR 「ワキガ」「汗を抑える・整える」「医薬部外品」オールインワンタイプのクリーム!わきが対策専門ブランド『NOANDEノアンデ』
 

梅毒とは

梅毒は主に性的接触によって感染する性感染症の一つですが、感染して3週間から6週間の初期にははっきりとした症状が現れない潜伏期間があります。

 

 

その後、梅毒の原因となる菌が侵入したところに潰瘍が出来たり、リンパ球が腫れたりしますが、発熱や痛みがないのが特徴なのです。

 

これ等の初期症状は、治療しなくてもなくなってしまうのです。

感染から3ヶ月程度立つと、全身や手のひら、それに足の裏などに【バラ疹】と呼ばれる赤い発疹が出る他、発熱や体の怠さを感じるなどの症状がでますが、他の皮膚病と区別しにくい上、多くの場合、時間が立つとこうした症状も治まってしまうそうです。

 

そして感染から2年~10年程度が経過すると体に大きな潰瘍が出来たり血管の大動脈が破裂したりする他、神経が麻痺して体が思うように動けなくなるケースも見られるということです。

治療法がなかった戦前は体中に大きな潰瘍が出来たり、死亡したりするケースも有ったそうですが、抗生物質のペニシリンが開発された結果、治すことが出来るようになり、、死亡する例はほぼ無くなったのです。

 

しかし、症状が出ていない時期でも性的な接触で他の人に感染させる可能性が有り、多数の人と性的な関係をもつことで感染を拡大させることが懸念されているのです。

また妊娠中の女性が感染すると、お腹の中の胎児にも感染し、生まれた赤ちゃんに重い障害が残るケースもあるそうです。

 

感染を防ぐには、不特定多数の人との性的な接触をしないほか感染していないか定期的に検査を受けること、コンドームを正しく使うことで感染のリスクを減らすことが出来るのです。

 

PR 効果が実証された葉酸サプリ!妊娠前(妊活中)・妊娠中・授乳中でも安心安全の葉酸サプリ【ママニック】

PR 脇、手足、体臭、加齢臭、デリケートゾーンなどのあらゆる臭いにオールインワンデオドラント『プラチナム』

PR 自分史上最強の盛り!ノンワイヤーブラ【Resta Riage Double Up Bra レスタリアージュ ダブルアップブラ】

 

 

 

スポンサーリンク