スポンサーリンク

新たなガン治療法『ガン光治療』、日本で今年中の治験を目指す!

 

光を当ててがん細胞を破壊する新たながん治療法について、米ラッシュ大などが米国内で実施した最初の治験の結果がまとまり、頭頸(とうけい)部ガンの患者8人中7人でガンが縮小したことが分かったのです。

 

 

これ等の研究に結果について、欧州臨床腫瘍学会で発表されました。

 

ガン光治療法とは

この治療法は、米国立衛生研究所(NIH) の小林久隆・主任研究員らが開発しました。

 

 

ガン細胞だけが持つタンパク質に結びつく性質が有る『抗体』に、近赤外光を当てると化学反応を起こす化学物質を付けた薬剤を注射をし、その後、体外から内視鏡を使って近赤外光を患部に当てると、薬剤が結びついたガン細胞の細胞膜が破壊されるというものです。

 

PR 世界で一つ!あなただけのオリジナル美脚プログラム。脚やせ専門エステ『リフィート』
 

 

 

最初の治験は安全性確認が主な目的で、手術や放射線治療、抗ガン剤などで治らなかった舌ガン、咽頭(いんとう)ガンなど、頭頸部ガン患者を対象とし、薬剤料を絞り、光も1回だけ当てる治療を行ったということです。

治験には9人の患者が参加、途中でやめた1人を除く8人について1ヶ月間、経過観察をしたところ、その結果、3人はガンが無くなり、治療後1年以上立った現在も生存しているというのです。

 

残りの4人はガンが小さくなり、1人はガンの大きさに変化がなく、1ヶ月半~半年後にいずれも亡くなったそうです。

治療自体による重い副作用はなかったということです。

 

小林さんは『今回は最低限の治療だったが、他に治療法がない3人の患者が完治したことは大きな成果だ。

繰り返し光を当てたり、薬剤を再度投与したりすることで治療効果は改善できる』・・・・と、話しています。

<PR DMM見放題chライト>

 

日本での治験を準備しているアスピリアン・ジャパン社(東京都港区)によりますと、頭頸部ガン患者を対象にした治験の年内開始を目指し、関係機関が調整を進めているそうです。

他の部位のガンについても、実施に向けた検討をしているということです。

 

頭頸部ガンとは

口腔(こうくう)ガン、咽頭(いんとう)ガン、喉頭がん、副鼻腔ガンなど・・・に出来るガンを頭頸部ガンと呼びます。

頭頸部がんは、音楽プロデューサーのつんく♂さん(48)が声帯を摘出したように命を脅かすだけではなく、治療によっては会話や食事に大きな影響を及ぼす病気なのです。

 

頭頸部がんの発症要因の8割は過剰飲酒と喫煙と言われ、ヘビードリンカーでヘビースモーカーだと、頭頸部がんを発症リスクが、喫煙も飲酒もしない人の200倍以上になるそうです。

また、喫煙と過剰飲酒の習慣が有るのは男性が多いことが関係していることなどから、頭頸部ガンは女性よりも圧倒的に男性が多いということです。

 

更に最近注目されているのが、ヒトパピローマウイルス(HPV)で、子宮頸がんの発症ウイルスとして有名ですが、中咽頭がんの発症原因でもあり、世界的に中咽頭がんが増えているのはHPV感染の増加が影響と見られているそうです。

頭頸部ガンの治療には、主に手術、放射線療法、薬物療法などがあり、それらを組み合わせて治療を行うということです。

 

PR 手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用 投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー【WEALTHNAVI(ウェルスナビ)】

PR アジア圏で最大級のビットコイン取引所!!人気の通貨ペアから マイナーな通貨ペアまで 多数お取り揃え【QUOINEX】

PR ジュエリー・アクセサリー・ブランドバッグ・ブランド衣料などを高額で買取いたします。【コメ兵宅配買取】
 

スポンサーリンク