スポンサーリンク

米国・マウス実験、スキンパッチで体内の代謝を上げることに成功

 

米国の研究者らがマウスを使った実験で、脂肪を溶かすスキンパッチ(貼り薬)の開発に成功したと発表しました。

人の肥満や糖尿病治療にも応用可能かどうか、今後の研究で探っていくとのことです。

 

米国科学会発行の学術誌『ACS Nano』に15日に発表された論文によりますと、このスキンパッチはナノテクノロジーを利用して体内の代謝を上げ、エネルギーを蓄積する白色脂肪を、エネルギーを燃焼する褐色脂肪へと変化させることが出来るというのです。

 

 

マウスを使った4週間の実験では、スキンパッチが張られた部分の脂肪が20%減少したとの事です。

 

論文の共同執筆者で、米コロンビア大学メディカルセンター病理・細胞生物学部のリー・チャン准教授は『腹部のぜい肉を減らす脂肪吸引の代替手段として非侵襲性の治療が可能になるかもしれないと分かれば、間違いなく多くの人が興奮を覚えるだろう』・・・と、コメントを出しています。

 

薬の成分は人の髪の毛の400分の1ほどの細さに該当する直径約250ナノメートル(1ナノメートル=100万分の1ミリ)のナノ粒子に入れられています。

皮膚に刺さる微細な針数十本がついた指先大のスキンパッチに、これ等のナノ粒子が仕込まれているのです。

 

ノースカロライナ大学チャペルヒル校とノースカロライナ州立大学合同の医用生体工学部准教授で、スキンパッチの設計を担当したゼン・グ氏によりますと、このパッチの仕組みにより、薬の成分は『全身に素早く行き渡るのではなく、持続的に』組織付近へと浸透させることが出来るということです。

 

実験は4週間行われ、マウスの腹部に張られたパッチは3日毎に交換したとの事です。

 

PR 話題沸騰ダイエットサプリ!今から、活きている酵素で美ボディサポート!【夜遅いごはんでも 極】
 

<PR DMM見放題chライト>

内臓脂肪とメタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームを予防改善するにはどしたら良いのでしょう。

 

 

メタボリックシンドロームの主な原因は、食べ過ぎや運動不足で蓄積した『内臓脂肪』なのです。

 

ですから、毎日の生活習慣を改善するという身近な方法で、まずは内臓脂肪を減らしくことから始まるのです。

内臓脂肪は皮下脂肪に比べて蓄積されやすく、エネルギーを消費することで解消されやすいという特徴が有り、比較的減らしやすいと云われているのです。

 

内臓脂肪を減らすには、運動によるエネルギー消費と、食事減による摂取エネルギー抑制の両方をバランスよく実行しなければなりません。

運動や日常生活の活動量を増加させれば、消費カロリーが増えるのだから体重が減るのは当然だと考えるのは早計です。

 

人とは因果な生き物で、気持ちよく運動をすればお腹が空き、その分食べてしまうものです

結局、運動を頑張ったけれど、体重はあまり減らなかったということはよく有ることなのです。

 

したがって、メタボリックシンドローム改善のためには運動だけでなく食生活の改善が不可欠のなのです。

運動ばかりでは疲れて挫折してしまいますし、食事のみの減量では、必要な栄養素を取り損ね、筋肉量が減少し、リバウンドの可能性を高めてしまうのです。

 

食事だけではだめ』、『運動だけでは無理』、ということを頭に入れ、無理をしないで時間をかけて取り組んでみては如何でしょうか。

 

PR 美容・ぽっこりお腹に飲む美容液「アマニ油」サプリ【アマニの恵&大麦若葉】

PR つらい冷え性や低体温への対策で悩んでいる方に効く生姜サプリメント【金時生姜の恵】

PR 乾燥肌の季節がやってきた…乾燥肌・敏感肌・アトピー肌にハリツヤにオールインワンタイプの【ティモティア保水バリアクリーム】
 

 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>