スポンサーリンク

エイズ感染が危機的状況で、より効果的な予防啓発が必要

 

九州地方で、福岡県を中心にエイズウイルス(HIV)感染者が増えているということです。

東京や大阪など都市部を含めて全国的には減少傾向に有るだけに、九州地方の増加が目立つと云うのです。

 

専門家は、感染者の多いアジアとの往来が増えてウイルスが持ち込まれるケースや、予防啓発活動の不十分さが一因では、と見ており『危機的状況で、より効果的な予防啓発が必要だ』と警鐘を鳴らしています。

 

国のエイズ発生動態調査によりますと、2016年の福岡県のHIV感染者、エイズ患者の新規報告者数は、いずれも46人で計92人と過去最多となったのです。

15年と比べて61%増えており、特に40代や50歳代以上が増加しているという事で、佐賀計9人、熊本計19人も過去最多となりました。

 

16年の地域別では九州が計169人で32%増に、これに対して関東・甲信越では695人で4%像と横ばい、近畿は265人で11%減など、5地域は前年より減少していたというのです。(福岡県以外は速報値)

 

 

新規報告者数(15年)で全国の感染者・患者の内訳は、日本人男性が約9割、感染原因同性間性的接触が最多の約6割だったそうです。

 

 
PR 夜が不安な方に心地のいい休息を睡眠サプリ!L-テアニン7,200mg配合【NEMLINA(ネムリナ)】
 

福岡県も全国と同様の傾向ということですが、患者の3割程度のデータに対して、福岡県の患者比率はほぼ半数で、発症してから報告されるケースが際立っているのです。

エイズ治療の九州ブロック拠点病院の国立病院機構九州医療センター(福岡市)のAIDS/HIV総合治療センターの山本政弘部長は、『福岡での感染の広がりが九州全体に広がっている印象。

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

患者の比率から、実際の感染者は報告よりもかなり多いはずだ』・・・・と、指摘しています。

 

各自治体では無料検査を定期的に実施しているそうです。

山本部長は『感染・発症が分かっても、今は薬でウイルスの増殖を抑えられる。

検査を受けて早期に発見・治療ができれば感染者自身の健康も維持でき、感染拡大のリスクも減らせる。

心当たりがある人は早く検査に行ってほしい』・・・・・と、呼びかけています。

 

HIVとは

後天性免疫不全症候群(AIDS)を引き起こすウイルスで、血液や精液、膣(ちつ)分泌液に多く含まれます。

 

 

2013年の国内で報告された新HIV感染者・患者は1590人で、累計2万3千人を超えました。

 

性行為が主な感染経路で、性行為を除く日常生活を通じて感染する心配は有りません。

治療法の研究が進み、定期的な通院や服薬で長期間発症が抑えられるようになったそうです。

 

感染者は身体障害者手帳を取得し、医療費助成を受けることが出来ます。

世界保健機構(WHO)は12月1日を世界エイズデーとし、この時期に合わせて国内でも啓発イベントが開かれています。

 

PR 足のパンパン対策、妊娠中の悩みに妊婦さんの30%以上は妊娠中むくみで悩む!?むくみを改善する葉酸サプリメント【こころからだあんしん葉酸 ここラボ】

PR よかった通販 菌活サプリの決定版!菌活でスッキリ習慣【フローラ美人】

PR おすすめの女性用スカルプエッセンス!フルボ酸・リデンシル配合の女性専用スカルプエッセンス【RiJUN -リジュン-】