スポンサーリンク

鼻風邪だと思っていたら、実はRSウイルスに感染していた!

 

先週、国立感染症研究所が乳幼児などに肺炎を引き起こ『RSウイルス』の患者数が、3日までの1週間で急増し、調査以来、最多になったと発表しました。

このRSウイルスは2歳までには、ほぼ100%発症すると云われていますが、実は大人や高齢者にも注意が必要だというのです。

 

RS感染症とは

専門家によりますと、『年令によっても違うんですけど、簡単だと鼻風邪くらい。

 

 

さらに進んでくると気管支炎とか肺炎とか、咳が苦しくなって呼吸が早くなってきます』

『インフルエンザのような飛沫感染だけではなく、物を介して伝染ることが有る』・・・川崎市健康安全研究所・岡部信彦所長は話しています。

 

そのため、『手洗い』や『うがい』はもちろん、子供に使ったおもちゃなどを『アルコール消毒』することも効果的だというのです。

実はこの病気は、幼少期には何度も発症するということです。

 

専門家は、『幼稚園や保育園とか小学校に入るようになってくると、鼻風邪くらいで終わってしまう。

これは免疫力が強くなってくるからなんです。

免疫のない1歳くらいまでの子供は注意しなくてはいけない』・・・・と、警告しています。

 

PR つらい冷え性や低体温への対策で悩んでいる方に効く生姜サプリメント【金時生姜の恵】
 

高齢者にも感染

感染するごとに体内に免疫が出来、大人がかかっても鼻風邪程度で済むようになるのです。

 

 

ところが、大人は軽いもので済むのですが、その大人が感染源となって乳幼児にうつし、肺炎など重症化する可能性もあると云うのです。

スポンサーリンク

 

さらに専門家は『高齢者でも、RSウイルス感染によって重症になる方がいることが分かってきた』と話し、『推測になりますが、頑丈な免疫が加齢とともに落ちてくる可能性がある』・・・・・と、指摘しているのです。

 

2014年には茨城県の介護施設でRSウイルスの集団感染が発生し、肺炎で2人が死亡したのです。

有る介護施設では、消毒や清掃を専門に行う職員を採用し、手すりなど共有部分から、100室を超える入居者の部屋も毎日アルコール消毒をしているということです。

また、3年前から秋・冬のマスク着用を始め、昨年度は感染者ゼロを達成したそうです。

 

RSウイルス対策

RSウイルスについて専門家は、次のような指摘をしています。

『RSウイルスは子供の病気、冬の病気であるというのが段々崩れてきている。』・・・・・。

 

RSウイルスには、ワクチンや予防薬はなく、対処療法しかないのが実情です。

まだまだ研究者でもわからないことが多い病気とのことですが、子供や高齢者に感染さないためにも、マスク・手洗い、アルコール消毒などを十分に行いましょう。

 

PR 世界初「キノコ発酵エキス」のアミノ酸・ペプチド・糖類が角質層に潤いを!世界初きのこ発酵エキス配合【マシュファム 発酵生セラム美容液】

PR 乾燥肌の季節がやってきた…乾燥肌・敏感肌・アトピー肌にハリツヤにオールインワンタイプの【ティモティア保水バリアクリーム】

PR えっ! 1日4粒で血圧が安定?【理研ビタミン】血圧が気になる方へ!「わかめペプチド粒タイプ(機能性表示食品)」
 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>