スポンサーリンク

世界ランク4位から引退、そして現役復帰、故障と痛みに耐えながらのプレー!

 

現役引退を発表したプロテニスプレイヤーの伊達公子選手が9月7日、有明コロシアム(東京都江東区)で現役引退会見を行いました。

1996年に一度原液を引退し、2008年に復帰してから9年半戦った伊達選手は、『自分に声をかけるとしたら?』という質問に『十分やったという自分がいる。

反面、まだ止めなくて済むのなら正直やめたくない』と、現役への未練を隠さずにテニスへの熱い思いを明かしたのです。

 

伊達選手は会見冒頭に『2度目の引退会見ということでお集まりいただき、誠にありがとうございます』と挨拶し、膝の故障に加え、若い頃に持っていた肩の故障も再発し、引退を決めたのは米国から戻った後の8月上旬だったことも明かしました。

痛みについては『しょうがないのでいいいのですが、練習量がこなせなくなってきたのが辛い。

心と体のバランスが崩れ始めてしまったので、受け入れるしかないのかな!

まだやれる思いがないわけではない。』・・・と、テニスへの複雑な胸中を明かしたのです。

 

また、『三度目の復帰の可能性は?』との質問に対し、伊達選手は笑いながら『さすがに其れはないですね。

もちろん、やれるものならやりたい。

「次の引退試合で、あれっ?痛みなくやれたよね。引退撤回します。」と言いたいですが、流石に其れはないかな~!』と話しています。

 

PR テレビや雑誌でも話題沸騰の女子旅プラン~リボーンプログラム!参加者の92%が女子一人旅! 完全プライベートの癒し女子旅

 

今後の予定については『引退試合に集中していて考えていません』としながらも、『1回目の引退のようにラケットを握りたくない、コートに戻りたくない、というふうにはならないと思います』と答えたのです。

<PR DMM見放題chライト>

 

9年半の戦いについて、『こんなに幸せなアスリートもそういないのではないかと。

2度も世界のトップレベルを戦えるチャンスを得ることが出来た。

自分も想像できなかったこと』・・・・と振り返ったのです。

 

08年に復帰したセカンドキャリアで印象に残ったのは、11年にウィンブルドン選手権の2回戦でビーナス・ウィリアムズ選手に惜敗したことを挙げています。

伊達選手はアジア出身の女子テニスプレイヤーとして、史上初めてシングルス世界ランキングでトップテン入りを果たし(最高世界4位),グランドスラムの3大会(全豪・全仏・ウィンブルドン)でベスト4に進出し、1996年にトップ選手のまま引退をしました。

 

その後20078年に原液に復帰すると、周囲の予想を裏切って若手選手を次々と破り、ツアー優勝を飾り、グランドスラムに出場するなど活躍していましたが、最近は故障に悩まされていたのです。

 

会見の有明コロシアムは、96年フェドカップで当時の女王シュテフィ・グラフ(ドイツ)を撃破した思い出深い場所であり、選手として挑む最後のジャパン女子オープンはここで行われます。

伊達選手の1回戦は12日に予定されており、対戦相手は9月9日抽選で決まります。

 

PR 幸せが掴める、本気の人のための結婚相談所☆ Bridalチューリップ ☆

PR ドコモ回線を使ったMVNO 【MediSIM】WIFI+パソコンセットで月額2,980円~

PR 1時間8000円で圧倒的な調査力を提供!不倫/浮気調査専門のエースリサーチ探偵事務所

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>