スポンサーリンク

入れ墨からの恐怖感を変える?

 

アニメや漫画・ゲームなどのキャラクターを題材にしたタトゥー(刺青(いれずみ))が、『ヲタトゥー』として注目を集めているというのですが・・・・・。

日本では『怖い』、『威圧的』等と抵抗を抱かれがちなタトゥーですが、見方が変わるキッカケになるというのです。

 

『ヲタトゥー』オタクタトゥーをかけ合わせた造語で、モチーフは美少女などのアニメキャラなのです。

20年近く彫師をしている横浜市のAkiさんは、アニメ好きが高じて2010年頃からヲタトゥーを彫り始めたそうです。

ネットで反響が広がり、ヲタトゥー目当ての客が急増し、最近では注文の3~4割を占めるそうです。

 

『お気に入りのキャラと一緒にいたい』、『普通のタトゥーに飽きた』など、注文に来るのはサラリーマンや学生、公務員の姿も、男女はほぼ半々で20~40代が中心だそうです。

Akiさんの作品は海外メディアに紹介され外国人客も多いということですが、ヲタトゥーの彫師は米国やメキシコなどにもいるとのことですが、中にはインスタグラムのフォロワーが20万人を超える人いるそうです。

 

PR 【2週間無料】DMMならではの動画が7000本以上!見放題chライト

タトゥーにはリスクも

ただ、タトゥーにはリスクも伴うとの事で、結婚や就職を気に除去を望む人も除去後に目立つ傷跡が残ったり多額の手術費用がかかったりするケースも見られるというのです。

除去治療を多く手がける六本木境クリニックの境隆博院長(49)は、『レーザーであれ手術であれ除去には大きな痛みが伴うし、成功しても必ず傷跡は残る

流行りだからとヲタトゥーを入れてあとから気が変わったらどうするのか』・・・・と、警告をしています。

スポンサーリンク

 

タトゥーへの逆風も強まっている?

05年から東京都内で開いてきた国際タトゥー・コンベンション『キング・オブ・タトゥー』は4月で12年の歴史に幕を閉じたというのです。

愛好家らが集まってコンテストなどをしてきたと云うことですが、会場の確保が困難になったと云うのです。

 

医師免許を持たずに客にタトゥーを入れたとして、彫師の摘発も相次いでいるとのことで、大阪地裁で8月4日に有った公判では増田太輝被告(29)は『タトゥーを彫ることは生きがいで私の人生。彫師としての人生を返してもらえることを信じている』と訴えたそうです。(9月27日判決公判予定)

関東弁護士連合会の14年の調査では、刺青を見かけた際の印象(複数回答)は『不快』が51.1%と最多で、次いで『怖い』が36.6%だったそうです。

 

『イレズミと日本人』の著書で都留文科大学の山本芳美教授(文化人類学)は『60~70年台に流行った任侠(にんきょう)映画の影響で、イレズミ=やくざ者、というイメージが定着した。

内風呂が普及して銭湯通いが減り、他人のイレズミを見る機会が少なくなったことも嫌悪感を抱く人が増えた一因では』と指摘しています。

またヲタトゥーについて『現代のタトゥーが様々な文化要素を貪欲に取り入れてきた一つの表れ』と見ているとのことです。

 

彫師のAkiさんは『タトゥーは高い技術を要するアート。ヲタトゥーを通じて『怖い』というイメージが変われば面白い』と話しているそうです。

 

PR 1日目から効果を実感!話題の英会話教材【プライムイングリッシュ】

PR クリエイティブ職の転職を考えてい方、Webクリエイターの転職ならマイナビクリエイター!!

PR ★リハビリ施設と作った腰をしっかり固定し動きやすい★リハビリ施設と共同開発した「らくらく温泉腰サポーター」

 

<PR DMM見放題chライト>