スポンサーリンク

むちゃ飲みは、運動機能や平衡感覚を低下させ、怪我の危険性が高まる!

 

『ビンジ飲酒』と呼ばれる無茶な飲み方をすると、転倒やケンカなどで怪我をするケースが25倍以上も多くなったという調査結果が、筑波大や三重大などの研究チームによって発表されたというのです。

急激な血中アルコール濃度の上昇が、運動機能や平衡感覚を低下させ、体調悪化だけではなく怪我の危険性が高まることにも注意を呼びかけています。

 

ビンジ飲酒とは

『ビンジ飲酒」は、短時間での多量な飲酒を指す欧米の用語で、米疾病対策センターなどの基準では、男性は2時間以内に酒5杯(日本人の場合は純アルコール50㌘)、女性は4杯(同40㌘)以上となっています。

アルコール度数5%のビール500ミリリットル缶で換算すると、男性で2.5本女性で2本に相当するということです。

 



夫婦、家族、大切な人のために…昼も夜も活力みなぎる毎日を!タフdeナイト


筑波大の吉本尚講師を中心とする研究チームは2013年、三重県内の3大学で健康診断を受けた20歳以上の大学生、院生2842人にビンジ飲酒の経験などについてアンケートを実施したそうです。

全項目に回答した2177人分を分析したところ、ケンカや不注意による転倒など、飲酒した際に何らかのケガを経験した人は107人に上り、うち104人は年1回以上ビンジ飲酒をしたことが分かったと云うことです。

 

年令や性別による影響を除外して解析すると、ビンジ飲酒をした人は、そうでない人の25.6倍も怪我をしていたという結果になったというのです。

吉本講師は『急性アルコール中毒に比べて、ビンジ飲酒による怪我の危険性はほとんど知られていない。適切な飲むスピードについても教育する必要がある』と指摘しています。

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

 

適正飲酒を知ることが大事

美味しいお酒を楽しく飲んで健康に過ごすには、『正しいお酒の飲み方』すなわち『適正飲酒』を実践することが大切なのです。

『正しいお酒の飲み方』=『適正飲酒』とはどのようなことなのでしょうか、それを分かり易く簡潔に整理したものが『適正飲酒の10か条』です。

 

1、 談笑し、楽しく飲むのが基本です。

2、 食べながら、適量範囲でゆっくりと

3、 強い酒、薄めて飲むのがオススメです

4、 つくろうよ、週に2日は休肝日

5、 やめようよ、きりなく長い飲み続け

6、 許さない、他人への無理強い、一気飲み

7、 アルコール、薬と一緒は危険です

8、 飲まないで、妊娠中と授乳期は

9、 飲酒後の運動・入浴、要注意

10、肝臓など適検査を忘れずに

 

お酒を飲むときは、この『適正飲酒の10火事ょうヲじっ線することが寛容です。

適量を適正な方法で飲めば、医学的にも健康にも良いと云われています。

 

時代の最先端を走るドローンパイロットになろう!ドローンスクールなら『ハミングバード』

1日目から効果を実感!話題の英会話教材【プライムイングリッシュ】

Tポイントが貯まる全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】

 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>