スポンサーリンク

朝、身体がだるいのは冷えすぎが原因かも!

 

夜間でも気温が25度を下回らない熱帯夜の季節が続く日々、25度を下回らない熱帯条件になる睡眠障害の人が続出するとのこと、特に内陸部などではエアコンの冷房なしに夏の夜を過ごすことなど考えられないのです。

一昔前ならば、エアコンは寝付くときだけ付けておき、寝付いたところの時間でオフになるようタイマーをセットしておくのが一般的でした。

 

しかし、昨今のこの暑さではエアコンが切れれば、あまりの暑さにたまらず目が覚めてしまう人が多いのです。

寒くなりすぎないようにやや高めの温度に設定して、一晩中エアコンを付けておくというアドバイスが、最近では主流になりつつ有るのです。

 

しかし、『エアコンを点け放しで寝ると次の日の朝だるいんですよね』と云う声も多いのです。

 

月額890円・独自SSL証明書0円、2週間無料でスタート!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic」

 

朝だるいのは冷えすぎなのかも?

エアコンを点けたまま眠ったあとのダルさについて、意外なことにエビデンスは少ないそうです。

睡眠化学の教科書や論文などを調べても、冬のような寒い条件での研究は多いとの事ですが、夏のエアコンによる冷気で翌朝だるくなるメカニズムを実証した研究はないのです。

 

睡眠のメカニズムから考えられるのは、睡眠中は深部の体温が放熱する傾向にあるため、体温が冷えやすくなり、汗をかいていれば汗の蒸発によって体温がう奪われるわけです。

 

 

起きていれば上着や肌掛けなどを探すことでしょうが、睡眠中では行動も制限され、薄着のまま冷気に晒され体温が下がってしまうことに、これがダルさの要因として考えられているのです。

 

また夜明け頃は、深部体温が最も低下し、皮膚の体表温度は深部からの熱の発散で上昇しています。

朝の覚醒は、深部体温と体表温度の差が小さいほど、スッキリと起きることが出来ると云われてます。

朝方にあまりに涼しいと、体表温度が下がってしまい、覚醒度も低下する、これもダルさの一因である可能性が高いと云われているのです。

 

他にも睡眠中に冷気にさらされると、心拍数変動が大きくなるなど、自律神経の異常が見られるという知見もあるそうです。

<PR DMM見放題chライト>

要は睡眠中、特に目覚める前の朝方に冷えすぎてしまうのが朝のダルさの原因であると考えられていると云う訳なのです。

 

タイマーを活用しよう!

タイマーを点けるのなら、寝付きだけの僅かな時間だけではなく、冷房時間を十分に取ることが良いそうです。

 

 

せめてノンレム・レム睡眠の1~2サイクル(約3時間程度)含まれる、いわゆるコア睡眠時くらいまで使用したほうが良いのです。

 

エアコンがオフになると、壁や家具などの輻射熱で再び暑くなってしまうのです。

タイマーが切れて中途半端な時間に汗だくで起きてしまい、エアコンを再度付けるということの繰り返しに、そのため心拍変動も大きくなるのです。

 

また汗がエアコンで冷やされ蒸発し、体温が奪われるなどの身体への負担が増え、朝のダルさの要因となってしまうのです。

それでは、どうしたら良いのでしょう?やや高めの温度26~28度程度で一晩中点けておいたほうが良いそうです。

それでも朝がだるい方は、冷えすぎが原因と考えられるため、女性や高齢者は特に冷えを感じやすいので、自分にあうように調整しましょう。

 

◎ エアコンの設定温度を0.5~1度上げてみる。

◎ 送風の強さを下げる。

◎ 除湿モードを使う。

◎ 夜中3~4頃にたいーマーを設定する。

 

それでもダルいならば、タイマーが切れる時間を30分~1時間早めてみましょう。

吸湿性に優れた、長袖・長ズボンの寝間着を使うことも効果があるそうです。

 

あれ?うっかり…が増えてきた方に朗報です!考えるチカラをサポート!おめがさん

法律学習のノウハウがスマホに!オンライン予備校の画期的システムとは?【資格スクエア】

全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【免許合宿のユーアイ】