スポンサーリンク

日本人の4~5人に一人が『水虫』に感染の疑い

 

『足白癬』ご存知ですか?いわゆる水虫と呼ばれているものですが、感染者は16・7%にも、爪白癬・爪水虫は9.2%で、日本人の4~5人に1人が『水虫』持ちだと言われているのです。

 

(爪水虫・参考写真であり、本文との関連性はありません)

 

国際大会で活躍する柔道や格闘技の選手の間では南米産水虫の集団発生も報告されているということで、感染が広がっていることが分かりました。

 

最近では、若い女性に増えているということで、ドラッグストアの水虫売り場には女性を意識したパッケージがずらりと並んでいるそうです。

 

手島優愛用の保水力に優れたにきび跡専用化粧水『Dewte(デューテ)』

高温多湿・アルカリ性を好む輸入水虫に注意

水虫は白癬菌というカビ(真菌)の一種が皮膚の角質層に寄生することで生じます。

病気の原因となる真菌の中では最も感染力が強く、皮膚表面のどこにでも感染しますが、白癬菌にとって最も居心地が良いのは『高温多湿』の足で繁殖することが多いのです。

 

汗や汚れが残ったアルカリ性の皮膚は白癬菌が好む環境なので、手のように1日に何回も洗えない足は白癬菌の楽園となってしまうのです。

最近は女性も1日中靴やストッキングを履いているため、患者が増えているのだそうです。

 

水虫を起こす白癬菌は主に3種類

水虫を起こす白癬菌は主に3種類に限られていたということですが今世紀に入り運動選手、特に国際大会で活躍する柔道や格闘技選手の間では、南アフリカに生息する種類の白癬菌による集団感染が報告されています。

スポンサーリンク

それは輸入水虫菌で、その名前は『トリコフィトン・トンズランス』と呼ばれており、患部は頭や顔、顎や首など肌が相手と接触する部分がほとんどなのです。

 

海外遠征組から一般にも広がっているため、2012年に中学校で武道を必修化した文部科学相は、学校で予防すべき感染署の解説書兄『白癬菌感染症、特にトンズランス感染症』と名指しして対策と予防法を記載しているとの事です。

また公益財団法人全日本柔道連盟は予防法を公開しているということで、中学生のお子さんを持つ方や、柔道、レスリングなど格闘技系のクラブに所属している方は参照してみては如何でしょうか。

 

 

◎公益財団法人全日本柔道連盟 トンズランス感染症のページ

◎文部科学相『学校において予防すべき感染症の解説4-P.58』

 

ペットにも人にも優しい除菌消臭剤【ハイパーCペット】

乾燥肌に次世代オールインワンジェル【テラの輝き モイスチャークリーム】

女性らしいメリハリラインを目指したい貴女に朗報です!Marshmallowbustでふわふわバストに変身

スポンサーリンク