スポンサーリンク

『着床前スクリーニング』ですべての遺伝子を検査

 

日本産婦人科学会が24日、体外受精させた受精卵の染色体異常全てを検査する『着床前スクリーニング』を学会の禁止に反して行っているとして、神戸市の『大谷レディースクリニック』院長の大谷敏郎医師を3年間の会員資格停止処分にしたと発表しました。

 

 

学会は昨年3月に同医師に対してけん責処分を行い検査の中止を求めていたということですが、大谷医師が従わなかったため、さらに重い処分を検討すると先月に通告をしていたそうです。

 

命の選別との批判も

受精卵検査は『命の選別』との批判の声が有ることなどから、学会は重い遺伝病に関わる特定の染色体などに限って認めています。

着床前スクリーニングについては、流産を減らす効果などを調べる臨床研究を容認していますが、『有効性や倫理面の問題を検討している段階』として、大谷医師による検査との違いを説明しています。

 

 
インターネットをするなら激安&高速光回線【auひかり】フレッツ光よりも月額1,260円おトク!

 

大谷医師は2004年に、当学会が認めていなかった染色体の一部を調べる検査などを行い除名され、その後復帰していました。

同医師は『検査は世界的に実施されている。治療は続ける』とのコメントを発表しています。

 

大谷医師の見解とは

6月1日に、厚生労働省で大谷医師は記者会見をした際に、処分方針を示す日産婦に次のように反論をしています。

スポンサーリンク

大谷医師は『流産の多くは染色体上が原因。検査で流産しにくい受精卵を選び、子宮に戻してあげることは医学の両親だ。何が有っても続ける』・・・・・と訴えていました。

 

受精卵検査は重い病気に限定

受精卵検査は『命の選別』との批判があり、日産婦は思い遺伝病などに限って認めていますが、今年2月に検証のための臨床研究を開始したと発表しました。

大谷医師側は、『実施を追認している状況』と指摘しています。

 

大谷医師は、検査は世界で有効性が確認され、国内法錠問題がないと強調し、自身の処分と臨床研究が同時にこなわれるのは矛盾しているとし、『検査は社会的に認められるのか、正しいのかと患者を不安にさせている』と日産婦を批判したのです。

 

大谷医師の代理人の遠藤直也弁護士は、大谷医師の実績を基に、検査のガイドラインなどの早急な整備を国に要望しています。

大谷医師は今後、学会発表などが不可能になる他、専門医を名乗ることが出来なくなります。

 

 

【英会話教室なら29年】トライズなら1年で英語が身につく、楽ではないから成果が出る!1年英語マスタープログラム

本気の人のための結婚相談所☆ Bridalチューリップ ☆

参加者の92%が女子一人旅! 完全プライベートの癒し女子旅

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>