スポンサーリンク

未承認薬【スマートドラッグ】有効性や安全性が不明?

 

『頭が良くなる』などの触れ込みで使われている未承認薬について、厚生労働省は22日、個人輸入を原則禁止するという方針を決めたということです。

 

 

国内の使用実績は不明とのことですが、海外での調査報告などを踏まえ、健康被害や乱用のおそれがあると判断をしたとの事です。

 

対象の未承認薬は『スマートドラッグ』と呼ばれており、本来はてんかんや注意欠陥・多動性障害(ADHD)などの治療に使われている薬ということです。

個人輸入代行業者は、集中力向上や学習能力の改善などを宣伝しているのです。

 

一定の数量なら税関の確認だけで個人輸入が可能ということですが、有効性や安全性は不明とのことです。

今後、関係学会や団体の意見などを踏まえ、個人輸入禁止対象の品目リストを作成し、各税関に医師の処方箋や指示無しでの個人輸入禁止を通知する方針です。

 

月額890円・独自SSL証明書0円クラウド型レンタルサーバー【Zenlogic】

スマートドラッグの実態

スマートドラッグを巡ってはてんかんやADHDなどの治療薬を医師の指示なしに海外から個人輸入している実態があったのです。

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

 

ネット上には、『試験の前に記憶力向上の為服用した』などの都の書き込みが相次いでいる他、国民生活センターなどにも『高校生の娘が集中力が上がるという薬を飲んでいる』などとの相談が多数寄せられているとのことです。

 

医師はこれらの使用法について、危険性を指摘しています。

 

専門家であるまきメンタルクリニック・西崎真紀院長は、『一番困るのは依存性。

依存がすごく強い強い薬を飲まれた場合は、止めるのにすごく苦労する』と話しています。

 

厚生労働省は『医師の指導がないと、乱用や健康被害につながる』とし、今後、スマートドラッグの種類をリスト化した上で、医師の処方箋がない場合は、原則、個人輸入を認めない方針で、22日の有識者会議で議論することにしていたのです。

 

不妊治療専門クリニックでも使われる実力派サプリ!ママになりたいを応援します!イソフラボンであったかふわふわなベッド作り!

巷でウワサのGALの神的通販サイト!! 【夢展望】です♪

どこでも、誰でも、簡単に、ほったらかしでグングン育つ!家庭向け 電気不要の自動野菜栽培プランター


<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>