スポンサーリンク

エナジードリンクなど清涼飲料の乱用が原因か

 

カフェインを多く含んだ眠気防止の薬や、清涼飲料による中毒で、2011年度からの5年間に少なくとも101人が病院に運ばれ、うち3人が死亡していたということが、日本中毒学会の実態調査で分かりました。

 

参考写真であり、本文との関連性はありません

 

他にも重大事故が起きており、若者を中心に『乱用】されている可能性があるということです。

 

カフェインは興奮作用があり、短時間に大量摂取すると吐き気や心拍数の増加、興奮などの中毒症状が現れるそうです。

個人差が大きいとのことですが、成人では1グラム以上で症状が出る可能性が指摘されているのです

 

文部科学省の日本食品標準成分表によりますと、コーヒーには100mlあたり0.06㌘、煎茶には同0.02㌘含まれていますが、広く使われている市販の眠気防止薬には1錠0.1グラムほど含まれており、風邪薬や若者を中心に人気の炭酸飲料『エナジードリンク』にも使われているのです。

深夜勤務についていた九州の20代男性が、エナジードリンクとカフェイン製剤を一緒に飲みすぎて死亡する事故が15年に報告されました。

その後も、急性中毒で病院に運ばれるケースが相次ぎ、同学会が初めて実態調査をしたのです。

 

エナジードリンクと眠気防止薬

調査に協力した全国の38救急医療施設に搬送され、カフェイン中毒とわかったケースを集計しました。

その結果、患者は11年度10人、12年度は5人でしたが、13年度は24人に急増し、15年度には37人に増えていたのです。

計101人中97人は眠気防止薬を使っていたとのことで、7人が心肺停止、うち3人が死亡していました。

心停止した人はいずれも、カフェインを6㌘以上取っていたのです。

 

エナジードリンクだけの中毒は4人だけでした。

患者の年齢の中央値は25歳で、18歳以下が16人いたとのことです。

 

今回調査をした埼玉医科大の上条吉人教授は、『激しい嘔吐や動悸で、非常に苦しむ症例が多い。

自殺目的の過量服用も有るが、眠気覚ましのために乱用しているケースも有る』と、指摘しています。

 

 

カフェインの性質?

カフェインは、コーヒー豆や茶葉、カカオ豆などに天然に含まれている他、食品添加物としてコーラなどの清涼飲料水などにも入っており、眠気防止などの医薬品にも使われているのです。

覚醒、利尿、鎮痛などのメリットが有るのですが、中枢神経が過剰に刺激されると、めまいや心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠、または消化器官刺激による下痢、吐き気といった症状を引き起こすこともあるそうです。

 

コーヒーなど1日に数杯楽しむことを恐れる必要はありませんが、健康な大人でも、コーヒーに紅茶、ほうじ茶、エナジードリンク、チョコに栄養ドリンク、サプリとあれこれ口にしていると、1日に400㎎を突破することがありそうな気がします。

疲れているときほど、『元気』を謳う商品が魅力的に感じることも有ることから、妊娠中の女性や子供はさらに注意が必要と注意を促しています。

 

【無添加コスメ】女性最強の魅力肌を作る化粧水【ピューローションオメガ】ワンコインで無添加化粧水をおためし【送料無料】

デリケートゾーンの黒ずみに!恋する通販、デリケートゾーン美白クリーム【ビアネージュ】

ペット用品の豊富な品揃え(*海外サイト)品揃えが豊富なペット用品モール!【Miscota】