スポンサーリンク

太った人の手術は大変

 

太っている人の定義とは、まず人間が『太っている』がどのくらいなのか?・・・・・・を考えるのに重要なのが、身長と体重のバランスなのだとか。

例えば、155センチで体重72kg、160センチで77kg、165センチで82kg、175センチで92kg以上の人を指すそうです。

 

採血も大変

採血をするときには、腕の肘に有る細い静脈ですることが多いそうですが、太っている人だと脂肪に埋もれてしまい見づらいというのです。

この肘の静脈は第体3ミリ位の直径だというのですが、太っている人でも血管の太さは変わらないため、相対的にはとても細くなるのです。

 

採血するときには普通、目で見て静脈の青い色が皮膚からすけて見えるのを助けにするわけですが、太って人だとそれが見えづらいため、触って血管を探すそうです。

太っている人にやりづらいのは採血ばかりではなく、点滴も同じようにやりづらいそうです。

 

太った人は手術代が高い

余り知られていない事実として、太った人は手術代が高いそうです。

手術にもよりますが、最低でも8万円以上高くなってしまうとか、これは上に書いた身長と体重のバランスよりも更に太った人の場合で(BMI>35),つまり身長が165センチの人で体重が95kg、170センチで101キロ以上の方になります。

 

しかし、値段が上がるということはどういうことなのでしょう?、手術を1件すると病院が得られるお金というのは日本中どこでも同じ金額(保険診療に限る)になっています。

正確に言えば此処で値段が高くなるというのは、麻酔の料金が上がるというのです。

スポンサーリンク

麻酔をかける際に太っている人だと何が難しいのか、それはいろいろな箇所で、例えば気管に管を入れる難易度が上がるそうです。

 

太った人の手術は宝探し

太った人の手術は難しいそうです。

お腹の中の腸を切る手術では、腹を切るために血管を切らなければならないのですが、その血管はとっても豊富な脂肪に包まれているということで、痩せている人であれば透けて見える血管も、太った人は厚い脂肪の中を少しずつ切り進んで探さなければならないそうです。

当然血管を傷つける可能性は高まり、手術に掛かる時間も長くなるということです。

それ以外にも、あらゆるところで脂肪がせり出してくるために胃や腸などの重要な臓器が見えづらくなり、その見えづらさの為、さらに傷つける危険性が増すそうです。

 

痩せるのが一番の良薬

このような理由で、外科医にとっても太った患者さんは手術が大変難しくなり、痩せた人に比べて30分から1時間以上時間が掛かってしまうというのです。

太っている人は手術も難しく、費用も掛かるということがわかったでしょうか、他にも糖尿病や心筋梗塞のリスクも高いことを忘れてはいけません。

最良の薬は、やはり痩せることが一番だということです。

 

テレビなどで話題沸騰!ボクサーパンツ【KOBI-ONE(コビワン)】

眠りの常識を変える、モバイルマットレス。寝心地を改善したいあなたに。